ニュース
» 2017年08月25日 22時40分 UPDATE

JR東日本千葉支社、自転車を折りたたまずに乗車できる基地のような新列車を発表 愛称は「BOSO BICYCLE BASE」

209系車両を改造しています。

[宮原れい,ねとらぼ]

 JR東日本千葉支社は、現在計画中の「自転車を折りたたまずにそのまま乗車できる」新しい列車について発表しました。


房総バイシクルベース BOSO BICYCLE BASE JR 自転車 新しい列車「B.B.BASE」のデザインイメージ

 愛称名は「BOSO BICYCLE BASE(房総バイシクルベース)」。略して「B.B.BASE(ビー・ビー・ベース)」で、コンセプトは房総の各地を自転車で駆け巡るための基地。車両デザインもそれに合わせてグレーをベースに、ロゴやオリジナル自転車・号車番号が大きく描かれたデザインとなっています。

 車両は209系を改造したもので、6両編成の予定。1〜3号車と5〜6号車は、自転車を積む場所と座る場所が分かれた「座席・サイクルラック」で、4号車は広々とした「フリースペース」が確保されています。座席数は99席で、サイクルラックも99基を用意。


房総バイシクルベース BOSO BICYCLE BASE JR 自転車 車内にサイクルラックを完備(※画像はイメージ)

 運転区画は房総エリアで、2018年1月に運転開始予定。「BOSO BICYCLE BASE」公式サイトではイメージ動画を公開しています。

 JR東日本千葉支社は、房総エリアにおいて地域活性化のための「コトづくり」を推進しており、今回もその一環として計画を始動。またこれまでもいくつかの「サイクルトレイン」を毎年1回といった頻度で運行しています。



房総バイシクルベース BOSO BICYCLE BASE JR 自転車 座席の後ろに自転車を積むような形のようです

房総バイシクルベース BOSO BICYCLE BASE JR 自転車 タイヤを掛ける部分を出して置くスタイル

房総バイシクルベース BOSO BICYCLE BASE JR 自転車 1つの車両でかなりの数をそのまま載せられます

房総バイシクルベース BOSO BICYCLE BASE JR 自転車房総バイシクルベース BOSO BICYCLE BASE JR 自転車 スタイリッシュなデザインです

(宮原れい)

関連キーワード

自転車 | JRグループ | デザイン | 東日本


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう