ニュース
» 2017年08月26日 13時10分 UPDATE

SOS団、アニサマに11年ぶり参上! 「ハレ晴レユカイ」にファンも涙

茅原実里「隣に邑子ちゃんがいて、前に綾ちゃんの背中があって…」。

[深戸進路,ねとらぼ]

 8月25日から開催されているアニソンの祭典「Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-」(アニサマ2017)に、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」で声優を務めた平野綾さん(涼宮ハルヒ)、茅原実里さん(長門有希)、後藤邑子さん(朝比奈みくる)による「SOS団」が約11年ぶりに参上し、ファンをわかせました。今日だけはエンドレスエイトに突入してほしい!

アニサマ2017 SOS団 平野綾 茅原実里 後藤邑子 SOS団最高!(画像は平野綾Instagramから)

 シークレットゲストとしてイベントのトップバッターを務めたSOS団は、『涼宮ハルヒの激奏』のイラストをベースにした衣装で登場。「涼宮ハルヒの憂鬱」ED曲「ハレ晴レユカイ」を披露すると、会場は大歓声に包まれました。これは熱すぎる……!

 今回のサプライズは、茅原さんが2013年のアニサマ記者会見で「またいつかSOS団の3人でステージに立ちたい」と発言したことがきっかけで実現。シークレットゲストというSOS団らしいワクワクする計画の裏には、「準備から本番まで2人に大きな力をもらった(茅原さん)」「こっそり準備してきたこととかいっぱいありました(平野さん)」と事細かに聞きたくなるエピソードも豊富なようです。

アニサマ2017 SOS団 平野綾 茅原実里 後藤邑子 11年ぶり再結成!(画像は平野綾Instagramから)

 茅原さんはブログで、「隣に邑子ちゃんがいて、前に綾ちゃんの背中があって…」と3人でのステージに感無量だった様子。平野さんも、「一生のたからもの。あの頃を駆け抜けた、かけがえのない仲間です」と感慨深い思いに浸ったようでした。舞台裏については後日あらためて報告するとしており、「見ないと死刑だから!!」とハルヒらしいフレーズを織り交ぜたコメントも残しています。今でも脳内再生余裕です。

アニサマ2017 SOS団 平野綾 茅原実里 後藤邑子 涙ちょちょ切れな3ショット(画像は茅原実里公式ブログから)

 谷川流さんの人気ライトノベルが原作の涼宮ハルヒシリーズは、涼宮ハルヒを団長とするSOS団メンバーの非日常な日常を描いたSFコメディー。2006年と2009年にテレビアニメ化され、深夜アニメブームの走りとなる社会現象を生み出しました。

 今でも同作に思い入れがあるファンは多く、SOS団再結成には、「出てきた瞬間泣きました」「本当に素敵なサプライズありがとうございました!」「一生懸命振りを覚えたのを思い出しました」「いつまでも私の青春です」など思い思いのコメントが多数寄せられています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう