ニュース
» 2017年08月26日 19時50分 UPDATE

タニタとキングジム、社長面談中にポケモンGOでカビゴン出現 一緒にレイドバトルし無事撃破

仲いいな。

[ねとらぼ]

 8月25日にタニタとキングジムの両社長が面談を行っている最中、近場でスマホゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)のレイドバトルが発生したため、2人で協力して倒しに行く珍事が発生しました。両社の公式Twitterがその様子を伝えています。なんと自由で平和な企業交流。

タニタ キングジム ポケモンGO 協力してカビゴンを捕まえガッツポーズを見せるタニタ谷田社長(左)とキングジム宮本社長(右)(キングジム公式Twitterより)

 タニタ谷田千里社長がキングジム宮本彰社長を招く形で実現した面談。するとタニタ本社近くでカビゴンとのレイドバトルが現れたので、お昼休みがてら両社長でバトルに挑戦することに。タニタ公式Twitterは社内連絡として社員に加勢を呼び掛けるという徹底ぶり……ノリノリだなみんな。

 宮本社長はレベル38、「ハピナスは防御系だから使わないで!」と的確なアドバイスを送ってくるなどかなりのガチ勢。10数人で挑んだ結果、無事にカビゴンを倒してゲットし、両社長とも笑顔でガッツポーズをみせていました。キングジム公式Twitterによると2人は「共通の趣味で、すっかり打ち解け合」ったそうで、レイドバトル後にタニタ社食でお昼を取ったもよう。

タニタ キングジム ポケモンGO 無事に勝利、仲いいな!

 企業の社長同士の交流といえばゴルフや外食などいろいろ聞きますが、ポケモンGOとは。スマホ片手に和気あいあいと盛り上がる2人の姿に、Twitterでは「お堅い会議よりも信頼は深まりそう」「ほほえましい」「趣味大事」「いい会社だ」と評価する声があがっていました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう