ニュース
» 2017年08月29日 09時00分 UPDATE

世界最古のワイン、イタリアで発見される 5000年以上前から製造を行っていた可能性

紀元前3000年台前半のつぼを化学分析。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 世界最古となるワイン作りの形跡がイタリアで発見されたことが、米国サウスフロリダ大学から発表されました。人類とワインの付き合いは、かれこれ5000年以上になるようです。


世界最古のワイン作りの形跡 ワイン作りに使用されていたと見られる紀元前3000年台前半のつぼ

 シチリア島南部の都市アグリジェントの洞窟から、紀元前3000年台前半の大きな貯蔵用のつぼが発掘。そこに残されていた残滓(ざんし)を化学的に分析したところ、ブドウやワインの製造過程に見られる酒石酸などの成分が含まれていることが判明しました。

 従来、イタリアにおけるワイン作りの始まりは紀元前1100〜1300年とされてきましたが、さらに2000年間さかのぼる可能性が現れたことになります。発表によれば、これはワインの歴史だけでなく、「古代社会の経済のあり方に新たな視点をもたらす」ほどの大きな発見とのこと。

 なお、サウスフロリダ大学の研究チームは現在、このワインが「赤」なのか、「白」なのかを特定しようとしているそう。紀元前3000年の人たちは、どっちを飲んでいたんだろう……。


世界最古のワイン作りの形跡 世界最古のワイン作りの形跡が発見されたアグリジェント、Monte Kronio

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう