ニュース
» 2017年08月29日 15時50分 UPDATE

「ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート調査」発表 据置機従事者が増加、スマホゲーム従事者は減少傾向

文系の開発者が急増しているとのデータも。【更新】

[沓澤真二,ねとらぼ]

 コンピュータエンターテインメント協会が例年の「ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート調査」を実施し、8月30日〜9月1日開催のCEDEC 2017に合わせて速報を公開しました。調査は7月1日〜31日にかけ、CEDEC公式Webサイト上で実施。商業ゲームに携わる開発者を対象に、1936件の有効回答(うちCEDEC参加者は1897人)がありました(以下、資料より引用)。

【更新:2017年8月30日 調査方法、調査対象についての説明を一部更新しました。主にCEDEC参加者を対象に行われたアンケートであるため、実際のゲーム開発者全体の傾向とはやや異なる可能性がある点にご注意ください】

 注目すべきデータは開発者が従事しているプラットフォーム。据置機向けゲームの従事者が2015年の27.1%を底に、2016年は40.3%、2017年は48.8%と増加傾向に転じています。その一方、スマートデバイス向けゲームの従事者は2014年の92.2%をピークに、2015年は64.3%、2016年は53.2%、2017年は48.9%と減少傾向にあるとのことです。


プラットフォーム 据え置き機とスマートデバイスとで、従事者の数がほぼ同じに

2014年分 2014年時のデータでは、スマホおよびタブレット向けゲームの従事者が合わせて92.2%にも及んでいた

 今回は初めて勤務地域別の集計を実施。回答者の勤務地は8割方関東だったものの、地域ごとの特徴が部分的に確認されています。例えば平均年収においては、北海道が576.72万円、近畿が561.23円と、全国平均が539.15万円を上回る結果となりました。


全国平均 全国平均の2016年度年収。400〜499万円を中心に分布

勤務地別年収 勤務地別で見ると、北海道と近畿は全国的に年収が高め

 ゲーム業界の就業年数は、毎回平均10年前後で推移しており、今回も10.63年。北海道では13.82年、九州では12.96年、中部では8.87年と地域差が見られました。なお、転職回数は0回が56.6%と最も多い結果となりましたが、就業年数が長いほど転職回数が多いとのデータも示されています。


就業年数 就業年数は全国平均で10.63年。3年以下が20.1%と最多ですが、18年超のベテランもそれに次ぐ多さ

勤務地別 勤務地別では、北海道と九州が全国平均を上回る

転職回数 平均の転職回数は1回未満。過半数が転職未経験

転職回数別 就業年数を転職回数別で見ると、長くやっている人ほど転職も多いということに

 開発者の最終学歴における学問系統で、人文学専攻者が前年のほぼ2倍となる46%に増加したという興味深いデータも。職種別でもサウンドクリエイターを除く全部門で最多となっています。同団体はこの結果が近年指摘される若者の理科離れを示すのか、新たな学問分野を生かそうとする開発会社の意向なのか、今後の分析を注視するとしています。


学問傾倒 人文学専攻者が最多に

職種別 ほとんどの職種で人文学専攻者が最多

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう