ニュース
» 2017年08月30日 20時11分 UPDATE

小型ロボットが『小学8年生』の付録に 自動でiPad Proの上を走ってアプリを操作するすごいやつだよ

底面に配された突起がタッチパネルに作用し、専用アプリを操作できる。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 小学館が完成品のロボット「TABO8」を付録にした『小学8年生』特別号を、12月中旬に1万9800円(税込)で発売します。iPad Proと連携し、画面上を走り回ってアプリを操作する優れもの。プログラミングの楽しさを遊びながら学べます。


TABI8 車輪で走行するキューブ型のロボット

実例 iPad Pro(全サイズ対応)に乗せて遊びます

 画面の状況に合わせて動きつつ、底面に搭載された突起でアプリを操作する小型ロボット。専用アプリも5種類提供される予定で、コンセプトムービーではTABO8が画面上に絵を描いたり、写真を引っ張ったりといったデモが紹介されています。


描画 タッチしたポイントへ向けて図形を描きながら走る

インスタ SNSから写真を引っ張ってくる

テニス パドルテニスの対戦相手にも

 子どもたちにプログラムの楽しさを知ってほしい意図を込めた動画「何故、学習雑誌にロボットなのか?」も公開中。予約は10月10日ごろ、公式サイトで開始する予定です。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう