ニュース
» 2017年08月31日 14時00分 UPDATE

もうすぐ2学期が始まる9月1日 上野動物園らが学校に行きたくない人に逃げのススメ 「逃げ場がないときは動物園に」

「何が何でも学校に行かなきゃいけない」なんてルールはないのです。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 多くの学校で2学期が始まる9月1日は、「学校に行きたくない」と悩んでいる人にとって、とてもつらい日。上野動物園などが「どうしても耐えられないときの逃げのススメ」を発信しています。


9月1日に自殺するくらいなら、逃げようと各所が情報発信 学校は人生の選択肢の1つ。本当はアメリカバグみたいに逃げてもいいんです

 上野動物園はTwitter上で「学校に行きたくないと思い悩んでいるみなさんへ」と投稿。敵から逃げるとき一目散に水中に飛び込むというアメリカバグの生態を紹介しつつ、「逃げるときに誰かの許可はいりません」「もし逃げ場所がなければ、動物園にいらっしゃい」と呼びかけています。過去には、鎌倉市図書館も同様に「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい」と、2学期のスタートに耐えられない学生の受け皿になる旨をツイートしていました(関連記事)。

 また、Twitter上には、ハッシュタグ「#9月1日問題」が登場。「休むことは正当な防衛反応」「道はひとつじゃないし学校行かなくたって生きていける」と無理して学校に行く必要はないというメッセージが現れています。

 学校に関する悩みを抱えている学生の中には「もし退学したら、自分の将来はどうなってしまうんだろう」と思い、つらい状況を我慢している人もいるのでは? 不登校児支援などを行うNPO法人らは共同で、そんなときに協力してくれる組織を紹介しています。親に気持ちを理解してもらいたい場合、いじめや嫌がらせから抜け出したい場合、学校以外で通える場所がほしい場合などに利用できるそうです。



マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう