ニュース
» 2017年09月01日 08時30分 UPDATE

鋼鉄製なのにめっちゃ癒し系 ロシアメーカーによる打楽器「Rav drum」の音色がきれいすぎて寝そう

心が落ち着きすぎて、作業用BGMに使うと大変なことになるやつ。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 丸い鋼鉄の板でできた打楽器「Rav drum」の演奏動画が「癒しの音色」として、見た人の心をがっつり持っていってしまっているようです。

 投稿者は、ハンドパンという打楽器の情報発信を行うTwitterアカウントを運営しているサカンさん(@wyrm06)。ロシアのメーカーが手掛けている「Rav drum」は、手で演奏するという点でハンドパンとよく似ていますが、スティールタンドラムという種類に属しています。

 「Rav drum」の音色は、鋼鉄でできていることが信じられないほど透きとおっており、どことなく神秘的な印象です。また、サカンさんによれば「演奏が簡単で、誰でも自分なりの音楽を作れること」も特徴なんだとか。その証拠に、Twitter上で反響を呼んでいるサカンさんの演奏動画は実は即興で、購入から約1カ月ほどでここまで叩けるようになったそうです。

 ちなみに、「Rav drum」は出せる音程の組み合わせが異なる10種以上が製造されており、公式サイトには各種の演奏動画が。どれも優しい音色で、いつまでも聞いていられそう……。


癒やしの音色をもつ打楽器「Rav drum」が話題に 楽器というよりは、盾のような外見なのですが……(Webサイトより)


癒やしの音色をもつ打楽器「Rav drum」が話題に 公式サイトには、癒やされすぎて寝てしまいそうな演奏が(Webサイトより)

動画提供:サカンさん(@wyrm06

マッハ・キショ松

関連キーワード

楽器 | 癒し


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう