ニュース
» 2017年09月04日 17時30分 UPDATE

困り顔が人気のツメナシカワウソ 伊勢シーパラダイスのブブゼラくんが急死

4月には2頭の赤ちゃんが生まれています。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 伊勢シーパラダイス(三重県伊勢市)で飼育されていたツメナシカワウソのブブゼラくん(オス)が9月3日に急死しました。

 ブブゼラくんは南アフリカ出身の野生個体で推定年齢は7歳。4月には2頭の赤ちゃんが誕生し、8月31日にスタートした人気ナンバー1カワウソを決定するWeb投票「第一回カワウソゥ(総)選挙」にもエントリーしています。

伊勢シーパラダイス ツメナシカワウソ 4月に誕生した赤ちゃんたち
伊勢シーパラダイス ツメナシカワウソ 「第一回カワウソゥ(総)選挙」ブブゼラくんのポスター

 同館の飼育ブログによると、ブブゼラくんの膀胱に腫瘍らしきものがみつかり、これから少しずつ体調について報告をしていこうとしていた矢先の出来事だったそう。ブログのコメント欄や同館のSNSには、あまりにも急な別れを惜しむ声が寄せられています。

 困り顔やソフトタッチの握手が人気だったブブゼラくん。妻のズリちゃんと2頭の赤ちゃんのことをこれからも見守っていてね。


伊勢シーパラダイス ツメナシカワウソ ブブゼラくん(飼育スタッフのブログより

関連キーワード

カワウソ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう