ニュース
» 2017年09月04日 17時16分 UPDATE

プロレスラー高山善廣、首から下が全く動かない「頚髄完全損傷」に 支援団体TAKAYAMANIA設立

頚髄完全損傷、回復の見込みなしと診断。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 PRIDEなどで活躍し、5月4日にDDTプロレス豊中大会で負傷して長期休養に入っていたプロレスラー・高山善廣選手の状態が発表され、頚髄(けいずい)完全損傷で回復の見込みなしと診断されました。


高山善廣 DDT公式サイトのプレスリリースより

 DDT豊中大会の試合後に病院に救急搬送され、その翌日の5月5日に「頸髄損傷および変形性頚椎(けいつい)症」という診断が下りていた高山選手でしたが、9月4日にあらためて発表されたのは「頚髄完全損傷」というあまりに厳しい診断でした。

 高山選手によると、頚椎を痛めてしまい首から下が全く動かず、また呼吸もできなくなってしまったとのこと。さらに首の手術を受けた後、心臓停止などもあり、術後の経過が思わしくなく、なかなか報告できる状況になかったとしています(現在は呼吸器は外れ呼吸や会話は可能)。



 高山選手と言えば、タッグチーム「NO FEAR」での活躍、さらにはPRIDEでドン・フライと完全ノーガードで殴り合ったシーンなどを見せてきた、日本を代表するプロレスラーの1人。

 現在、首から下が動かない状況の中で厳しいリハビリを受けている高山選手を応援するため、有志一同による団体「TAKAYAMANIA」が設立されました。今後、各プロレス団体の協力のもと、試合会場で募金箱の設置、応援グッズの販売、チャリティー興行などを行う予定で、DDTプロレスでも9月7日のDNA新木場大会から各会場に募金箱を設置します。

 今後の活動は高山堂ブログで随時更新されます。募金先は以下の通り。

【銀行振込】

東京三菱UFJ銀行

代々木上原支店

(店番号)137

口座番号:普通預金 0057767

口座名義:株式会社 高山堂

※通帳は高山選手の奥様が持っています。



高山善廣 DDT公式サイトの高山選手プロフィール

 プロレス界を長年引っ張ってきた高山選手に、プロレス界のみならず各界から多くのエールが集まっています。








 発表会見で涙ながらに盟友の病状を語った鈴木みのる選手は「高山善廣に勇気をたくさんもらったと思うので、ぜひ皆さん力を貸してください」と呼び掛けました。





辰井裕紀


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう