ハウツー
» 2017年09月10日 14時00分 UPDATE

猫にアロマオイルが危険なのはなぜ? 動物病院に聞いてみた

進化の過程に原因が……?

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 ハーブ、かんきつ類をはじめとした植物の香りで、心や体を癒やしてくれるアロマオイル。湯船にたらして浴室内に香りを広げたり、マッサージに使ったりとさまざまな使い方ができるのもうれしいポイントです。

 しかし、このアロマオイル、実は猫にとって非常に危険で、最悪の場合、死亡事故につながる可能性もあるそうです。この件について、動物病院に話を伺ってみました。


猫にとってアロマオイルは危険って本当?

 そもそもアロマオイルとは、植物から採れるエッセンシャルオイル(精油)をアルコールなどで希釈したもの。香りを楽しむために利用されることが多く、リラックス、ストレス解消などに効果があると言われています。さて、普段使う際にはほとんど考えない点ですが、アロマオイルには揮発性があり、空気中に拡散すると、鼻の粘膜から体内へ入ります。これによって香りが感じとれるのですが、体内に入った成分はどうなるのでしょうか。

 フォレスタ動物病院(東京都)に伺ったところ、精油に由来する成分に関しては、肝臓の「グルクロン酸転移酵素」によって代謝され、体外に排出されるとのこと。しかし、人間や犬と異なり、猫の場合はこの酵素が十分に生成されないため、中毒が発生する可能性が。つまり、危険性があるのはアロマオイルというより、そこに含まれている植物由来のエッセンシャルオイルというわけです。

 症状は他の薬物などで発症する中毒に類似しており、食欲低下やだるさ、吐き気など。必ずしもすぐに症状が現れるわけではなく、数年間かけて体内に蓄積し、肝不全が起こってしまうこともあるそうです。実際、同医院でもアロマオイル被害による来院事例は少なからず発生しているといいます。

 このような体の仕組みの違いが存在する理由は「人間、犬が雑食であるのに対し、猫は肉食。植物の成分を代謝する肝機能の必要性が低いため」と説明されることも。進化の過程に原因があるのではないかと推測されているようです。

 エッセンシャルオイルは、製造に使われる植物によって種類が分けられており、ラベンダー、ローズマリー、レモン、ジンジャー……とその数は膨大。しかし、それぞれの危険性の違いについてはよく分かっておらず、「とりあえずすべて避けるのが無難」だそうです。

 しかし、アロマオイルは柔軟剤をはじめとした、身近な製品に利用されていたり、蚊取り線香、虫よけスプレーなどで同じトラブルが起こったりすることもあるため、注意が必要。すぐに症状が出なくても、体内に蓄積していってしまうおそれがあるので、室内を換気するなどして対策するようにしましょう。


猫にとってアロマオイルは危険って本当?

マッハ・キショ松

関連キーワード

| 動物 | 使い方 | ペット


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう