ニュース
» 2017年09月08日 12時12分 UPDATE

パックマンやドンキーコングが地球を襲撃! 80年代ゲーム少年必見の「ピクセル」が金ローで地上波初放送

ほかにもギャラガやアルカノイドなど、80年代の人気アーケードゲームが人類の敵として登場。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「パックマン」や「ドンキーコング」をはじめ、多数のゲームキャラクターが地球を襲うコメディ映画「ピクセル」が、「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ)で9月15日21時から放送されます。かつてのゲーム少年たちが地球を救う!


ピクセル

 1982年にNASAが地球外生命体へ発信した、友好のメッセージ映像が物語の発端。映像に含まれていたゲームのシーンが異星人に「挑戦状」と解釈されてしまい、2015年になって地球は攻撃を受けることになります。異星人は映像をもとに、ゲームキャラクターを兵器として再現。あらゆる物質をバラバラのキューブ状にする能力で、米空軍基地を壊滅させ地球を窮地に追い込みます。


ピクセル ニューヨークの道路を、縦横無尽に走り回るパックマンの恐怖

 対抗するのは、1982年当時にアーケードゲーム世界大会で惜しくも優勝を逃して以来、自信を失ってパッとしない人生を送ってきた主人公のサム。侵略の形式がゲームのルールを模した3本勝負だったことから、大統領の要請を受けて「対ゲームキャラ兵器」で再びゲームに挑みます。


ピクセル 物語で重要な位置を占める「ドンキーコング」との勝負は必見

 「ギャラガ」や「アルカノイド」、「テトリス」といった人気ゲームの登場(1982年よりあとの作品が混じっているのはご愛敬)もさることながら、中年となったゲーマーの悲哀も「ピクセル」の見どころ。誰でもコメディとして楽しめる内容ですが、特に少年時代、アーケードゲームにアツくなった人に刺さるはずです。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう