ニュース
» 2017年09月08日 13時35分 UPDATE

え、着色料使ってないの!? ナチュラルにピンク色のチョコレートをスイスメーカーが開発

よくあるイチゴ風味のチョコでなく、素でピンク色のチョコレート。どんな味がするんだろう。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 スイスのチョコレートメーカー・バリーカレボーが、新開発のピンク色のチョコレートを発表しました。そんなのイチゴ味とかで既にあるだろ……と思うでしょう? でもこれ着色料無使用で、素の色がピンクなんです。信じがたいことに。


ルビーチョコ 特殊な「ルビー」カカオを用い、天然のピンクを実現

 「ルビー」という品種のカカオ豆を用い、独自製法で作った天然ピンクのチョコレート。原料にベリーやベリー系香料は一切使われていません。同社はこれをビター・ミルク・スイートに続く「第4のチョコレート」と位置付け、「ベリーフルーツ感となめらかな甘味の間から生まれる、まったく新しい味覚体験」と説明。解釈が難しくて味が想像つかない……。


ピンクチョコ イチゴ風味に近い味?

ピンクチョコ 上海のイベントでお披露目。ミルクチョコやホワイトチョコと一緒に

 バリーカレボーは業務用製品専門のメーカーで、一般販売は行っていません。食べてみないことには味が分からないので、製菓会社やレストランで採用される日が楽しみです。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう