ニュース
» 2017年09月09日 14時30分 UPDATE

愛猫との日々を就寝シーンのみで表現 季節の移ろいを1コマずつで描いた漫画「ネコで感じる四季」が秀逸

幸せなニャンコとの1年です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 愛猫と過ごすなんでもない日々の一部を切り取って描いた漫画「ネコで感じる四季」が秀逸です。

 移り変わる季節を1コマずつ、1匹の猫ちゃんとその飼い主の男の子が就寝するシーンのみを描いて表現していて、まずは始まりの。徐々に暖かくなって過ごしやすくなるこの時期、男の子も猫ちゃんも穏やかな表情の寝顔に。まだ夜は少し冷えたりもするためか、男の子は長袖、猫ちゃんは座布団の上で丸くなっています。


ネコで感じる四季 漫画 猫 季節 肌寒さもありつつ、暖かい気候に猫ちゃんも寝やすそうです

 続いて暑さを体感する。男の子は半袖半ズボンに、タオルケットを1枚お腹に掛けるスタイルに。一方で猫ちゃんは座布団にも乗らず、冷えていると思われる地ベタにでろーんと寝るポーズをとっています。ふたりともなんか似ている……?

 また表情も一緒になってどこか渋い顔をしているのが印象的で、見てすぐに暑い日の夜を思い出す1コマとなっています。それに猫ちゃんだけを見てもわかる春と夏の違いが既に面白いです。


ネコで感じる四季 漫画 猫 季節 一緒になってぐでーっとしたポーズが特徴的

 暑さが和らいでになると、そろそろ厚手のパジャマの出番に。心地良いお布団の中でぬくぬくしながらスマホをいじって寝落ちする男の子と、今度はそのお布団の上にやってきた猫ちゃんの姿がなんとも見ていてほんわかします。

 せりふや擬音がないだけでなく、それぞれの比較がしやすい見下ろし型の定点視点なのもポイントで、格好などの見た目が大きく変わる男の子に対し、猫ちゃんは四季によって場所を移動しているところに「すごいわかる!」と頷きたくなります。


ネコで感じる四季 漫画 猫 季節 それぞれが格好または場所を変えてぬくぬくな状態に

 そして気になるの猫ちゃんはどうなるのかというと、今度は場所はそのままで、男の子の入るお布団の中にイン。毛布と掛け布団、さらにお互いの体温で暖まるように、ふたりは寒さをしのいで夜を過ごすのでした。

 お布団の一部が猫ちゃんのシルエットに膨らんでいるのがたまらない……。


ネコで感じる四季 漫画 猫 季節 寒くなったら一緒にお布団に入る猫ちゃんがかわいいです

 このすてきな漫画を投稿したのはTwitterユーザーのよう(よう(@yo_yo_yo_u))さん。「ネコがお布団に『入れて〜入れて〜』と来なくなるともう春なのね…と思うし、冬が近づいてくるとネコが早く入って来てくれないだろうかと楽しみに思う」と、猫飼い視点ならではの“季節の移ろい”の感じ方をツイートしています。

 Twitterでは「この通り」「めっちゃわかる」「猫あるある」と共感の声が多く寄せられ、20万近いいいねが集まる人気に。また中には「うちの子とだいぶ違う」といった声や、猫ちゃんの寝る位置が「うちはずっと秋」「ずっと冬」という人の声なども上がっています。



画像提供:よう(@yo_yo_yo_u)さん

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう