ニュース
» 2017年09月10日 15時28分 UPDATE

なんだこれ! アルミと水銀を混ぜると塔やおばけのような物体がにょきにょき生えてくる

水銀は猛毒だから、絶対にマネしないでね。

[大里ミチル,ねとらぼ]

 アルミ板の上で水銀を混ぜると不思議な物体がにょきっと出てくる実験動画が、ネット上で大きな話題になっています。まるで塔のようにもお化けのようにも見えるこの現象は、実は酸化アルミニウムがにょきにょきと生えてきている様子とのこと。面白い光景ですが、水銀はかなりの猛毒ですので絶対にマネしないでくださいね……!



 これはあらかじめ塩酸でアルミ板の酸化皮膜を分解させた上で、水銀を置いて化学反応させたもの。これによりアマルガムという物体が出来上がり、板から細い毛のようなアマルガムがにょきにょきと垂直方向に沢山生えてきました。180倍速でしばらく放置していると、だんだんと塔のような姿に。つつくとふわふわしており、手で押さえると簡単につぶれてしまいます。


水銀 ごらんのように、にょきにょきと生えてきます

水銀 まずはアルミ板の上に水銀を垂らします

水銀 そのままでは酸化皮膜に邪魔されて反応しなかったため、一度水銀を取り除いてから塩酸を垂らします

 塔の残骸を取り除き、今度は水銀と水を混ぜて実験。ふたたびにょきっと生えてきた物体は、先程とは若干違っておばけのような姿に。しばらく放っておくと、すぐに自重で倒れてしまいました。残されたアルミ板を二つに割って断面をよーく見てみると、表面がちょっぴり削れていることが分かります。


水銀 ゆっくりゆっくり生えてくるため、180倍のスピードで撮影

水銀 まるで塔のよう

 繰り返しますが、水銀はかなりの猛毒。触れただけで皮膚から吸収してしまうほか、常温で気化することにより体内に入りやすいといった取り扱いが非常に難しい液体です。決して真似しないでくださいね。


水銀 今度は水銀の上から水を垂らします

水銀 おばけのような物体が出てきました

(大里ミチル)


関連キーワード

アルミニウム | 動画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう