ニュース
» 2017年09月11日 15時22分 UPDATE

映画「鋼の錬金術師」、本田翼&朴ロ美&釘宮理恵が3ショット 鼎談で「めっちゃくちゃいいじゃん!」

「愛情や労力のかけ方がひしひしと伝わってくる映像になっていた」と釘宮さん。

[のとほのか,ねとらぼ]

 実写映画「鋼の錬金術師」(12月1日公開)でウィンリィ役を務める女優の本田翼さんと、アニメ版「鋼の錬金術師」でエド役を務めた声優の朴ロ美(ロは王へんに路)さん、アル役の釘宮理恵さんの鼎談が実現し、その様子が先行公開されました。公式サイトでは9月11日18時に公開されます。

本田翼 朴璐美 釘宮理恵 鋼の錬金術師 豪華3ショット!


 7月にウィンリィやマスタング大佐、ホムンクルスらメインキャラクターのビジュアルが公開となり、9月4日にはDr.マルコー、タッカーといったおなじみのキャラクターの姿が初披露された本ポスタービジュアルが公式サイトで公開され話題になるなど、盛り上がりを見せている同作。

 大のハガレンファンだという本田さんは、好きなシーンとして、エドとアルが錬金術の修業中に師匠に言われた「一は全、全は一」のセリフを挙げており、「あれを初めて漫画で読んだとき、まだ子供だったからよくわからなかったんです」とコメント。しかし、実写化にあたって再度読み返した際には、「やっとその言葉の意味に気づけた」と大人になっても楽しめる作品であるとしていました。

本田翼 ウィンリィ 鋼の錬金術師 ウィンリィ役の本田さんとアル

鋼の錬金術師 ビジュアル ヒューズ中佐、ホークアイ中尉、マスタング大佐
鋼の錬金術師 ビジュアル エンヴィ―、ラスト、グラトニー


 朴さんは実写化について「うれしかった」としつつも、「これを実写化するのってすごく大変だろうなとも思った」とコメント。しかし、トレイラー第1弾を見た際には、「めっちゃくちゃいいじゃん! もうこのまま行っちゃいなよこの世界観で!」と大満足の完成度だったようで、大絶賛していました。

 また、釘宮さんも「実写化と聞いてどうなるんだろうと思っていた」とやや不安だったという胸中を明かしていますが、「映像を見たら本当にリアルで。撮影が大変だっただろうなって思ったし、愛情や労力のかけ方がひしひしと伝わってくる映像になっていた」と大絶賛。「懐かしい気にもなりますし、汽車のシーンから始まって、緑がバーっと広がっていくシーンはそのままでしたよね」とファンの期待値が高まるコメントを残しています。

本田翼 朴璐美 釘宮理恵 鋼の錬金術師 3人とも大絶賛

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

関連キーワード

実写 | 鋼の錬金術師 | 本田翼 | 釘宮理恵 | 映画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!