ニュース
» 2017年09月11日 17時07分 UPDATE

芳根京子、映画「累-かさね-」の過酷な現場に「何度か潰れちゃいそうに」

のどがつぶれ、体にはいくつものあざができたと芳根さん。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 女優の芳根京子さんが9月10日、女優の土屋太鳳さんとのダブル主演映画「累-かさね-」(原作:松浦だるまさん)がクランクアップを迎えたことを自身のブログで報告しました。


土屋太鳳さん、芳根京子さんによるダブル主演映画「累-かさね-」がクランクアップ 土屋さん、芳根さんのダブル主演
原作「累-かさね-」 原作「累-かさね-」は講談社「イブニング」で連載中

 8月4日から始まった撮影について、「どっぷり『累』の世界に入って駆け抜けた1ヶ月でした」と振り返った芳根さん。のどが潰れ、体にいくつもアザができるほどの激しい演技に「何度か潰れちゃいそうになった日もあった」との告白も。そんなつらい日々を乗り切れたのは土屋さんの存在が大きかったようで、「太鳳ちゃんと毎日手を握り合って、抱きしめあって、無事全てのシーンを撮りきりました」と、主演同士、力を合わせて撮影に臨んだことを明かしています。

 土屋さんも同日、自身のInstagramで映画についてコメント。映画メンバーでの打ち上げがあったようで、芳根さん、佐藤祐市監督とともに原作者の松浦さんによるサイン色紙を掲げた写真をアップし、「打ち上げというよりは新たな出発みたいな時間だったな…」「素敵な宝物もいただいて今日はとても素敵な夜です。感謝をたくさん伝えたい…! そしていただいたパワーを、巡らせたい」と、意気込みを見せました。


「累-かさね-」のクランクアップを迎えた芳根京子さん、佐藤祐市監督、土屋太鳳さん イラスト入りサイン色紙を手にした3人(画像は土屋さんのInstagramから)

 「累-かさね-」は、「キスをすると顔が入れ替わる」という口紅をめぐる“美醜”の物語。芳根さんは天才的な演技力を持ちながら自身の醜い容姿にコンプレックスを抱く“淵累(ふちかさね)”を、土屋さんは一級品の美貌を持ちながらも女優としてくすぶる“丹沢ニナ(たんざわにな)”を演じます。2018年公開予定。

(C)2018映画「累」製作委員会 (C)松浦だるま/講談社

関連キーワード

Instagram | 映画 | 土屋太鳳 | 女優 | 打ち上げ | 写真


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう