ニュース
» 2017年09月14日 13時03分 UPDATE

東映のバーチャルアイドル君島零、「のどの不調」で活動休止 所属ユニットはサポートメンバー参加で継続

作詞活動は続ける予定。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 バーチャルアイドルユニット「EIGHT OF TRIANGLE(エイトラ)」メンバーの君島零(Ray)が、活動を休止することになりました。所属する東映の発表によると、原因は「のどの不調」……バーチャルなのに? と考えると少し不思議な気分。


エイトラ バーチャルアイドルユニット「EIGHT OF TRIANGLE」作詞・ボーカル担当のRay(右)


 Rayは2015年にコンポーザーの遠藤和斗(Kazuto)とエイトラを結成し、自身は作詞とボーカルを担当。イラストやCGといった形で露出し、ライブやWebラジオなどの活動をしてきました。2017年にはニューヨークでアルバム制作に臨み、香港のイベントへも出演と海外進出を果たしています。


 なお、休止するのはボーカルとしての活動で、今後も作詞は行う予定。エイトラも渡米時のCD制作に参加した、荒賀新音(Neon)のサポートにより継続します。

 デビュー当時の報道によると、中の人(担当者)は都内で活動していたストリートミュージシャン。Ray担当者の状態が案じられますが、本人の要望により病状は非公開とされています。


公式発表 公式発表


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう