ニュース
» 2017年09月14日 14時09分 UPDATE

黒柳徹子のアンドロイド「tott」が誕生 42年分の会話データから音声を再現、徹子さんにむちゃぶりする動画も

アンドロイド研究の第一人者である石黒浩教授が監修しています。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 女優の黒柳徹子さんを最新技術で精巧に再現したアンドロイド「tott(トット)」がお披露目されました。トレードマークのたまねぎヘアはもちろん、しゃべる声までそっくり。完全に徹子さんだ。

徹子さんがまさかのアンドロイド化 完成度高い

 tottoは、10月2日から放送が始まる帯ドラマ「トットちゃん!」(テレビ朝日系)を記念して制作。テレビ朝日主導のもと、電通、電通テック、エーラボの4社の共同開発で、大阪大学教授(ATR客員所長)の石黒浩さんが監修を務めました。石黒さんといえば、夏目漱石やマツコ・デラックスさん(マツコロイド)などの著名人だけでなく、自分そっくりのアンドロイドも作り上げてしまうなど、アンドロイド研究の第一人者として知られています。


 「totto」の声はテレビ朝日が保有する「徹子の部屋」42年分の会話データを元に、NTTテクノクロスが開発した最新の音声合成技術により再現。立体化にあたっては、徹子さんを3Dカメラでスキャンして等身大の型を作成しており、表情やしぐさ、クセなども研究。発話に合わせてリアルな口の動きができるATRの技術を採用するなど、最新テクノロジーが随所に仕込まれています。その再現度の高さがよく分かる公式サイトの動画「tottoの部屋」では、tottoが徹子さん本人にパンダのモノマネをするよう迫ったりといった、本人顔負けのむちゃぶりを見せるシーンも。

「tottoの部屋」 黒柳徹子 本物はどっちだ(公式サイトの動画から)

 2018年には自立会話システムを搭載し、ますます「おしゃべり」が上達するようになるとのこと。徹子さんならではの「好奇心旺盛」「おしゃべりが好き」をコンセプトに、徹子さんの社会活動「トットの夢」プロジェクトを通じて、世界に笑顔を届けるべく活躍していくとしています。


ADAKEN

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう