ニュース
» 2017年09月14日 22時00分 UPDATE

クリオネの交尾をとらえた貴重な映像 まるでダンスのように優雅

愛のダンスを踊っているみたい。

[かのん,ねとらぼ]

 ロシア・ノバヤゼムリャ列島沖の北極海で、交尾をしながら泳ぐクリオネの貴重な姿が、海洋生物学者アレクサンドル・セミョーノフ氏によって撮影されました。

 海の中を優雅に泳ぐ1匹のクリオネに、もう1匹の少し小さなクリオネがぴたりと身を寄せ、体をくっつけたまま泳ぎ続けます。

クリオネ ぴったりとくっついて

 アイススケートのペアダンスのように、息を合わせて同じ動きをしている2匹のクリオネ。しかし踊っているのではなく、実は泳ぎながら交尾をしているのです。

 新江ノ島水族館によると、クリオネは2匹がおなかとおなかをくっつけるようにして泳ぎながら交尾し、長いときは4時間ほどかかることもあるとのこと。クリオネは雌雄同体なのですが、雌役になった方が卵を生みます。

クリオネ 優雅な動き

 海の天使と呼ばれるクリオネ。半透明の体と羽がゆらゆらひらひらと動いて、何とも言えない幻想的な空間を作り出しています。動画を撮影したセミョーノフ氏も、クリオネの優雅な動きを「素晴らしいスイマーだ、見ているととても楽しい」と評しています。

クリオネ まるでダンスのよう

 クリオネの交尾姿は、まるで愛のダンスを踊っているようですね。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう