ニュース
» 2017年09月15日 18時23分 UPDATE

福本伸行がカイジ“鉄骨渡り”をVR体験! 石田光司すら押しちゃいそう

これはやってみたい。

[深戸進路,ねとらぼ]

 人気ギャンブル漫画『賭博黙示録カイジ』の作者である福本伸行さんが、PlayStation VR用ソフト「カイジVR 〜絶望の鉄骨渡り〜」を体験する動画が公開されています。ざわ……ざわ……。

福本伸行 賭博黙示録カイジ 「カイジVR 〜 絶望の鉄骨渡り 〜」 12番を見つける福本さん、あの電流にやられる中山だ(画像はYouTube「カイジVR〜絶望の鉄骨渡り〜[福本伸行先生プレイ動画解禁!]」から)

 同漫画の「絶望の城編」から“鉄骨渡り”のストーリーをVR化した「カイジVR 〜絶望の鉄骨渡り〜」。原作の名場面が目の前でリアルに展開される中、プレイヤーは主人公のカイジとして命がけの鉄骨渡りにチャレンジします。

 発売元のソリッドスフィアは、原作者の福本さんが同ゲームに挑戦したプレイ動画を公開。VRヘッドセットを装着した福本さんが、「最初こんな感じなのか」「12番見つけた」と首を振りながら視界に広がるカイジの世界を堪能しており、バランスを崩して鉄骨から落下すると「あぁあ〜!」と声を漏らす場面も。おなじみの石田光司に対しては、「怖い怖い」と自らが生み出したキャラクターに恐怖も感じていました。石田さんにおびえる福本さんちょっと面白い。


 もちろん石田さんだけでなく、同ストーリーで活躍する佐原も登場する“カイジVR”。ゴールした希望から絶望への転落がすさまじい「佐原ああああああああああ!」なシーンもしっかりと再現されています。

福本伸行 賭博黙示録カイジ 「カイジVR 〜 絶望の鉄骨渡り 〜」 佐原ああああああああああ! (画像提供:ソリッドスフィア株式会社)

(C) 福本伸行/highstone, Inc. (C) Solid Sphere, Inc.

関連キーワード

VR | 鉄骨 | 賭博黙示録カイジ | 漫画 | PlayStation VR


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう