ニュース
» 2017年09月20日 16時02分 UPDATE

セブン-イレブンが自販機事業参入 2017年度中に100台まで拡大

おにぎり、サンドイッチ、パンなどを中心にした店頭と同じオリジナル商品を販売。

[ねとらぼ]

 セブン-イレブン・ジャパンは食品自動販売機「セブン自販機」のテスト設置を開始したと発表しました。


セブン-イレブン セブンイレブン

 この取り組みは店舗を出店するに至らないものの一定のニーズが見込める「マイクロ・マーケット」に着目したもので、オフィスビルや、工場、物流センター、従業員休憩室、待合室、食堂などへの設置を想定。管理・運営は近隣のセブン-イレブン店舗が行います。

 販売するのはおにぎり、サンドイッチ、パンなどを中心にした店頭と同じオリジナル商品。本体カラーは白を基調としたカラーとダークブラウンを基調としたカラーを用意し、設置場所に合わせられるようになっています。

 セブン自販機は2017年度中に100台まで順次拡大予定。コンビニによる自動販売機事業は、ファミリーマートなどがすでに参入しています。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう