ニュース
» 2017年09月20日 16時43分 UPDATE

線路にロボットアーム来るぞ! 国内初、電柱を直接“つかむ”電柱建替車をJR西が導入

従来の電柱を“つる”工程に比べ作業の省略化が図れる。

[ねとらぼ]

 国内で初めて電柱を直接つかむ技術を採用した新たな電柱建替車「電柱ハンドリング車」を、JR西日本グループの西日本電気システムとタダノが共同開発しました。線路の電柱を建替える際、従来のクレーンで電柱をつるし上げていた工法に比べ、安全性の向上や作業の省略化が図れます。

ハンドリング 電柱 アーム 建替 つかむ 掴む JR西 「電柱ハンドリング車」。ロボットアームすごい

 「電柱ハンドリング車」は短いアームで電柱をつかむ「ハンドリング技術」を国内の電柱建替車で初採用。踏切から作業箇所まで線路を自走移動し、電柱をつかんだままアームを旋回、穴に挿し込みます。つり上げ式にあった「つり金具の取り外し・取り付け」という高所作業、電線の移設、誘導のための補助者が不要になります。

ハンドリング 電柱 アーム 建替 つかむ 掴む JR西ハンドリング 電柱 アーム 建替 つかむ 掴む JR西ハンドリング 電柱 アーム 建替 つかむ 掴む JR西 つかんで、旋回し、挿し込むぞ!

 JR西日本では10月から作業員の教育訓練を開始し、完了次第在来線の電柱建替作業に同車を使用する予定です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう