ニュース
» 2017年09月21日 07時00分 UPDATE

最大8路線の鉄道模型をスマホで動かせるシステムが始動 専用アプリは10種の運転台や実車の音を再現

営業走行中の先頭車両から撮影した風景を楽しめる、映像配信アプリも用意。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 鉄道模型をスマートフォンから遠隔操作できるシステム「TRAIN TECH」を、デジタルコンテンツの企画・運営会社、ZAIZENが9月26日に開始します。専用の制御器「MFC」が、クラウドファンディングサイト・Makuakeで先行販売中(定価2万9800円、先行販売価格2万5800円)。


利用シーン 好きな位置から模型を制御

 MFCはBluetooth経由で専用アプリ「TRAIN TECH コントローラー」と連動する鉄道模型制御器。一般的な製品とは異なりワイヤレスで操作できるため、レイアウトの好きな場所から運転を楽しめます。模型規格はZ、N、HO/16番に対応。


本体 レイアウトに接続するMFC本体。模型側の改造は不要

イメージ システム全体のイメージ

 アプリには両手ワンハンドルや横軸ツインレバーといった運転台を再現したインターフェースが10種類収録されており、車両のタイプに合わせて選べます。操作時には実車から録音した鉄道音声が鳴るので、運転をリアルに体感できます。


両手ワンハンドル横軸ツインレバー 10種類のインターフェースを選択可能

ポイント ポイントの切り替えもアプリから集中管理

 MFC単体では2路線分の鉄道模型、4カ所のポイント切り替えが制御できます。路線は「路線数 拡張パック」(定価1万2800円)を1台増設するごとに2路線ずつ、最大8路線まで拡張可能。制御できるポイントの数も、「ポイント切替数 拡張パック」(定価1万2800円)1台につき4カ所ずつ、最大20カ所まで増やせます。


路線拡張 路線数 拡張パックは3台まで増設可能

切替拡張 ポイント切替数 拡張パックは4台まで増設可能

 もう1つの専用アプリ「resaVR」では、営業走行中の車両から撮影した映像の配信が楽しめます。先頭車両からの風景を、360度動画として視聴可能。スマホ用のVRゴーグルにも対応しています。


 同社が実施したIoT機器を使ったサービスのコンペで優勝した企画。発案者(現在の責任者)は40年来の鉄道模型オタクとのことで、システムの作り込みに期待できそうです。

※価格は全て税込です

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう