ニュース
» 2017年09月21日 17時00分 UPDATE

iOS 11用のARメジャーアプリが地味に便利 風景上にメジャーを出して家具の寸法や床の広さを計測可能

ある程度の誤差は出てしまいますが、家具の検討や物件を下見するときなど、手軽に見当を付けられます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 iOS 11ではAR(拡張現実)アプリの開発環境がサポートされ、リリースと同時に多くのアプリが提供されています。仮想メジャーアプリ「AirMeasure AR」もその1つ。対応端末(iPhone 6S以降・第5世代以降のiPad・第2世代以降のiPad Pro)だけで物の長さを手軽に測れて便利です。


デモ 空間にメジャーがぐい〜ん

定規 分かりやすいように、不毛とは思いつつ15センチ定規の長さを測ってみました。iPhoneをホールドするのが難しくミリ単位の誤差は出てしまいましたが、一定の目安にはなりそうです

 画面に写ったカメラ映像へメジャーを自由に表示することで、画面上の物を計測可能。デフォルトで選択されている「Point+Shoot」ツールでは、始点と終点を指定するだけで2点間の距離を測れます。


始点ドラッグ 対象の端に中央の点を合わせて「+」をタップ。カメラを振るとメジャーが伸びていきます

終点 もう一端に点を合わせてチェックマークをタップすると、メジャーが固定されます

 全13種類のツールが搭載されており、直方体を測れる「3D Cube」や人の顔をポイントするだけで身長が出る「Person's Height」など、高度な機能を利用可能。床の輪郭をなぞって測れる「Floor Plan」や、床へ家具のモデルを配置できる「Virtual Furniture」などは物件の下見に役立ちそうです。また、空間に自由に曲線を引ける、簡単な3Dお絵かきツール「Air Brush」もあります。


3D Cube 「3D Cube」でイス周囲の空間を計測。梱包サイズの見当を付けられる

Person's Height ワイヤーフレームを人の顔に合わせるだけで身長を測れる「Person's Height」

Floor Plan 部屋の輪郭を辺ごとに測れる「Floor Plan」

Virtual Furniture 風景上に家具を置いてサイズ感を確認できる「Virtual Furniture」。家具のサイズは細かく指定可能

Air Brush 「Air Brush」では風景にラクガキを足せます

 正確な計測ができるほどの精度は保証されていませんが、一定の目安にはなります。同様のARメジャーアプリはいくつか開発されており、App Storeを「measure」などで検索すると出てきます。今回は豊富な機能を全て無料で使えるAirMeasure ARを紹介しましたが、操作がシンプルで扱いやすい「MeasureKit」もおすすめです(全機能のアンロックに400円必要)。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう