ニュース
» 2017年09月22日 18時00分 UPDATE

フランスの赤ちゃんパンダ、生まれてから1カ月の様子を公開 だんだんとパンダカラーになっていく

1カ月でこんなに変わります!

[かのん,ねとらぼ]

 フランスのロワール地方にあるボーヴァル動物園が、赤ちゃんパンダの生まれてから1カ月間の様子を公開しています。

パンダ 生まれてのパンダの赤ちゃん

 生後1日目。薄ピンク色の毛に包まれた赤ちゃんパンダは、本当にパンダ? と思ってしまうような小ささ。生後3日目の赤ちゃんをお母さんパンダが抱っこしていますが、あまりの大きさの違いにつぶされてしまうのではと心配になるほど。しかしぎゅう〜っと赤ちゃんを抱きしめるお母さんパンダは、我が子がいとおしくてたまらないといった様子です。

パンダ かわいい我が子

 生後11日目くらいから、目の周りと手足、肩のあたりの毛が少しずつ黒くなってきます。大人のパンダと同じ配色になっていくのはこのころからのようです。生後半月たつころには「パンダ」とはっきり分かるくらいの黒さに。体も徐々に大きくなっていき、お母さんに抱きしめられても、つぶされそうだと心配することもなくなっていきます。

パンダ パンダカラーに変化

 生後20日を過ぎると、お母さんとじゃれあって遊ぶ姿も見られるように。お母さんは赤ちゃんをしっかり抱きしめ、お顔をすりすりしてかわいがっています。

パンダ お母さん大好き

 たった1カ月で、毛色も変わり、体も大きくしっかりとしたパンダの赤ちゃん。その成長ぶりには目を見張るほど。お母さんの愛情をいっぱい受けて、これからもすくすくと育っていってね!

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう