ニュース
» 2017年09月25日 12時52分 UPDATE

漫画版「おおかみこどもの雨と雪」作者・優さんが急逝 急性心不全のため

7月1日に亡くなったと、優さんの夫が伝えています。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 細田守監督作品「おおかみこどもの雨と雪」の漫画版や、オリジナル作品『五時間目の戦争』などで知られる漫画家の優さんが7月1日、急性心不全により亡くなっていたことが分かりました。9月25日に優さんの夫により、優さんのTwitterアカウントを通じて明かされました


漫画版「おおかみこどもの雨と雪」の作者、優が急性心不全で急逝 2012年に「おおかみこどもの雨と雪」の漫画化を担当していました(画像はAmazonから)

 ツイートによると、優さんは2017年5月末頃に体調を崩し長期療養していましたが、心不全は持病とは直接関係のないもので、徐々に回復へ向かっている中での突然の出来事だったとのこと。2014年からの長期連載作『五時間目の戦争』は2017年2月に完結を迎え、最終巻が3月に発売。また、フルカラー作品集『さよなら、またね。』も今年1月に発売されていました。

 優さんの夫は、「ずっと夢であった漫画家になれ、ファンの方々や仕事を共にした人々に支えられ、とても幸せな人生だったと思います」と感謝を述べるとともに、「ただ、新作の構想をしている最中で、このようなことになり、優本人は悲しく思っていると思います」と、優さんの無念を推し量る内容のコメントを投稿しています。


五時間目の戦争 次回作を構想中だったとのこと(画像は角川書店から)

 優さんの訃報に、ファンや関係者の間では驚きと悲しみの声が広がっています。『ナナマルサンバツ〜7○3×〜』の作者で、優さんの単行本に寄稿したことのある漫画家の杉基イクラさんは「優さんの訃報を担当に告げられた時、本当にショックで」「この訃報は本当に彼女が一番悔しい想いをしていると思います」とツイート。また、優さんが連載していたKADOKAWA『ヤングエース』編集部は「訃報に接した時は全く信じられなくて、膝の力が抜けたのを覚えています。今も信じられません」とコメントしています。


7月1日になくなっていたことが、夫により本人Twitterで発表 ファンの間では悲しみが広がっています(画像は優さんのTwitterから)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう