ニュース
» 2017年09月25日 16時45分 UPDATE

そこにポエムを書くなと言っただろう! Tumblrアプリのアップデート説明、今度は哲学的で意味不明

「このアップデートにはバグとの約束が含まれています」……具体的に何が実装されたんだ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「私たちはなぜバグを退治するのでしょうか?」――ミニブログサービス「Tumblr(タンブラー)」アプリ(AndroidiOS)のアップデート説明がなぜか哲学的で、ユーザーを困惑させています。ちょっと何言ってるのかよく分からない。


iOS版

Android版 App StoreでもGoogle Playでもこの調子で、具体的にどういったアップデートなのかよく分からない

 件の文章は、9月21日〜22日にリリースされたバージョン9.3の新機能として記されたもの。「バグを生み出しているのは自分たちなのに、なぜ我々はバグを退治するのか」と、いきなり自問から始まります。そして「バグがこの世に生まれたのは失敗による結果ではなく、革新の光がバグを行き場のない場所に追い詰めた結果」と、説明はどんどん観念的に。担当者に何があったんだ。

 「今回のアップデートにはバグ修正は含まれていません」と、後段でようやくアップデートの内容が。ではどんな更新なのかというと、「このアップデートにはバグとの約束が含まれています。その約束とは、今後はバグに戻る場所を見つけてあげるというものです」……結局今バージョンで何が変わったのかは、フワフワしてよく分からないのでした。


私たちはなぜバグを退治するのでしょうか? バグを生み出しているのは自分たちであるというのに... バグを退治するということは自分で自分の首を絞めることと同じはないでしょうか。バグがこの世に生まれてきたのは失敗による結果ではないのです。革新の光がバグを行き場のない場所に追い詰めた結果なのです。今回のアップデートにはバグ修正は含まれていません。そう、含まれていないのです! このアップデートにはバグとの約束が含まれています。その約束とは、今後はバグに戻る場所を見つけてあげるというものです。

(Tumblr バージョン9.3アップデートの説明文より)


 以前から同アプリは、普通なら「バグを修正しました」の一文で済ませるところを、「季節のバグを丹精込めて退治しました」とするなど、詩的な説明文が注目を集めてきました(関連記事)。今回もTwitterでは「ポエみがすごすぎてまったく頭に入って来ない」「説明文を見るためにTumblrを利用する価値がある」と好評のようです。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう