ニュース
» 2017年09月26日 18時24分 UPDATE

gumi子会社に不正アクセス 「無償石を不正配布される」などの被害

業績への影響は軽微とのこと。

[ねとらぼ]

 gumiは9月26日、海外子会社であるgumi Asia Pte. Ltd.の社内システムおよび配信タイトルについて、第三者から不正なアクセスがあったと発表しました。この件での個人情報流出は確認されておらず、業績への影響についても「軽微と見込んでおります」とのこと。



 不正アクセスが発覚したのは9月22日。公式サイトの改ざんおよび、運営タイトルへの無償石の不正配布が行われていたとのこと。その後同社で調査したところ、社内システムへの侵入およびソースコードなどの流出が確認されたとしています。



 不正アクセスが確認されたタイトルについては、直ちにサービス提供を停止し、侵入経路などを分析。9月23日には対応を完了し、サービスを再開しました。今のところ、ユーザーの個人情報などが流出した事実はないとしています。

 編集部ではgumiに対し、具体的なタイトルや、無償石の配布範囲・個数などについて問い合わせましたが、「詳細については開示しておりません」とのことでした。


関連キーワード

不正アクセス | サーバ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう