ニュース
» 2017年09月27日 06時00分 UPDATE

Twitter、ツイート文字数制限を拡大するテスト ただし日本語は対象外

詰め込み感が低い言語ではツイート回数が多いという調査結果を受けて。

[ねとらぼ]

 Twitterは、ツイートの文字数を140文字から280文字に拡大するテストを行います。ただし日本語、中国語、韓国語は対象外。

Twitter 文字数制限 日本語と英語のツイート文字数の違い

 Twitterの調査によると、各言語の「密度」の違いによって、140文字に伝えたい情報を詰め込むことが難しく感じられる言語ではツイートの回数が少なく、詰め込み感が低い言語ではツイート回数が多いことが分かったとのこと。

Twitter 文字数制限 同じツイートを英語、スペイン語、日本語で表示したもの

 例えば日本語では、全体のツイート量のうち、140文字に達しているのはわずか0.4%。英語ではこれが9%となります。ほとんどの日本語のツイートは15文字なのに対し、英語は34文字。140文字でも文字数に余裕がある言語ではよりツイートが行われることも分かったとのこと。

 こうした状況を受けて、「Twitterは簡潔であるべきだ」という考えはそのままに、詰め込み感を減らせるようにするべくテストを行うとしています。利用者の5%を対象に4〜6週間程度実施する予定。Twitterはテスト結果とユーザーからのフィードバックをもとに、より利用しやすい方法を考えるとしています。

Twitter 文字数制限 140文字(左)と280文字のツイート(右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう