ニュース
» 2017年09月27日 21時51分 UPDATE

YOZANが破産 PHS事業「アステル東京」など手掛ける

PHSの他、IP電話やWiMAXなども手掛けていました。

[ねとらぼ]

 PHS事業「アステル東京」などを手掛けたYOZANが9月20日、東京地裁より破産手続き開始決定を受けていたことが分かりました。帝国データバンクによると、負債額は2007年12月末時点で約143億100万円。その後に変動している可能性もあるとのこと。


YOZAN 倒産 倒産速報・株式会社YOZAN(帝国データバンク

 1990年に設立された会社で、2000年9月には店頭市場(現ジャスダック)に上場。PHS事業「アステル東京」を関東中心に展開していた他、ポケットベル事業や、IP電話「VSフォン」なども手掛け、2003年3月期の年収入高は約85億1100万円を計上していました。

 しかし、その後携帯電話の普及により主力のPHS事業が低迷。その後WiMax事業に参入するものの伸び悩み、収益性を回復できないまま2008年には上場廃止となっていました。


YOZAN 倒産 2005年にはPHSサービスの新規受付を終了(ITmedia Mobile

関連キーワード

PHS | 破産・倒産 | YOZAN | 帝国データバンク | WiMAX


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう