ニュース
» 2017年09月28日 19時34分 UPDATE

子どもは静かに溺れるので常に目を配るべき―― 長野県佐久市の医師会が注意喚起

「本能的溺水反応」といって、乳幼児は溺れた状況を理解できず静かに沈むのだそうです……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 乳幼児に起こる不慮の事故で2番目に多い「溺水」(できすい:気道内に液体が入ることによる窒息)について、長野県佐久市の医師会が手がけるプロジェクト「教えて!ドクター」がTwitterで注意喚起しています。子どもが溺水したときは静かに沈むため、お風呂やプールに入れたときは常に目を配るべきだとしています。


 公式アカウントによると、溺れた子どもが声を上げてもがくのは創作の世界だけのこと。「本能的溺水反応」といって、実際は溺れた状況を理解できないか、呼吸に精一杯で声を出す余裕がなく、静かに沈むのだそうです。


イラスト版

 このため、「近くの部屋にいる分には溺れても音で分かるだろう」といった判断は大間違い。入浴など子どもが水に浸かる際は、しっかりそばについて見ていてほしいと呼びかけています。

 同プロジェクトでは、子どもの疾病対応のための出前講座を開くなど、子どもの病気やホームケアに関する活動を行っています。WebサイトFacebookで子どもの病気に関する情報などを発信している他、講座の内容を元にしたアプリ(Android版iOS版)も無料で配信中。


出前講座 小児科医が地域の保育施設に赴き、保護者や保育士を対象に疾病対策を教授

アプリ 出前講座の内容は小冊子にまとめられ、アプリ化もされています

画像提供:教えてドクター佐久(@oshietedoctor

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう