ニュース
» 2017年09月30日 09時00分 UPDATE

小田急線の電光掲示板型腕時計が発売に向け資金調達中 新宿・町田・藤沢・下北沢の4モデルを用意

手首に輝く「箱根湯本ゆき」。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 小田急線ホームの電光掲示板をかたどった腕時計が、クラウドファンディングサイトのMakuakeに登場。1万4000〜1万4800円(税込)の支援で入手できます。


電光掲示板ウォッチ 小さな電光掲示板が手首に

 腕時計メーカー・シーホープのデザイン部門「waikeru design studio」が、小田急電鉄の許諾を受けて開発。フレームのデザインはほぼ実物のまま、時刻や日付を車両の行き先や「電車がまいります」といった案内とともに表示します。ボタンを押すとバックライトが点灯し、表示はよりリアルに。


バックライト バックライトを点けると、よりそれらしく

 新宿・町田・藤沢・下北沢の各駅にある電光掲示板を再現した4種類を用意。新宿駅モデルはロマンスカーの箱根湯本行き、藤沢駅モデルは江ノ島線の片瀬江ノ島行きなど、それぞれ特徴的な路線の表示を再現しています。


ラインアップ
ラインアップ 駅ごとの特色を再現

 どのモデルも観賞用のスタンド付き。4モデルが全て手に入る5万5000円(税込)のコースも、30セット限定で用意されています。支援者への配送は12月中を予定。


(沓澤真二)


関連キーワード

掲示板 | 小田急電鉄 | 腕時計 | 再現 | 新宿 | デザイン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう