ニュース
» 2017年09月30日 08時00分 UPDATE

温泉から眺める凍った滝 冬だけの絶景が体験できる露天風呂が青森・奥入瀬のホテルに誕生

日本初です。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 星野リゾート・奥入瀬渓流ホテル(青森県十和田市)に、温泉につかりながら氷瀑(ひょうばく)を眺められる「氷瀑の湯」が誕生します(期間:12月16日〜2018年3月29日)。

奥入瀬渓流ホテル・氷瀑の湯 奥入瀬渓流ホテル「氷瀑の湯」

 氷瀑とは厳しい寒さで氷結した滝のこと。日本国内数カ所で観察できますが、通常は厳しい寒さの中で眺める光景です。

 その氷瀑を温かい温泉につかって見ることができるのは「氷瀑の湯」だけ。同ホテルが12月から冬季営業をスタートするにあたり、日本初となるプランが実現します。

奥入瀬渓流ホテル・氷瀑の湯 奥入瀬渓流の氷瀑

 場所は同ホテル内の「渓流露天風呂」。12月の頭から時間をかけて露天風呂の壁に氷瀑をつくり上げます(天候により氷瀑の大きさや形が変更する可能性があります)。

 光が差し込むとアイスブルーに輝く氷瀑は冬にしか見ることのできない絶景。ついつい長湯をしてしまいそうです。

奥入瀬渓流ホテル・氷瀑の湯 渓流露天風呂 すぐそばに渓流が流れる開放的な温泉です

「氷瀑の湯」概要

期間:2017年12月16日14時〜2018年3月29日12時

時間:6時〜24時

料金:無料(宿泊者限定)

源泉:猿倉温泉混合泉

泉質:単純泉(低張性中性高温泉)

浴槽数:男女各 内湯2、露天風呂1

適応症:筋肉や関節の慢性的な痛み、皮膚乾燥症、胃腸機能の低下、きりきず、冷え性、疲労回復、うつ状態など


関連キーワード

ホテル | 温泉 | 露天風呂 | リゾート


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう