ニュース
» 2017年09月30日 15時52分 UPDATE

「悲しい出来事に幸せな出会いが勝ったんだよ」 大団円の「ひよっこ」最終回でロス広がる

エンドクレジットでは有村架純さんの役名が展開に合わせて変わる演出も。

[幻夜軌跡,ねとらぼ]

 女優の有村架純さんがヒロインを務めたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」が9月30日に最終回を迎え、同日のYahoo!リアルタイム検索ではドラマに関連した語句が上位に来るなど多くの反響が集まっています。

ひよっこ最終回 登場人物全員いい人(画像はNHK連続テレビ小説「ひよっこ」公式Instagramから)

 同ドラマは、1964年の昭和中期を舞台に、集団就職で上京したみね子の成長物語。連続テレビ小説3作目となる岡田惠和さんの脚本は、実話を元にした従来のパターンではない完全オリジナルのストーリーで、日常生活の悲しみとそれを乗り越え幸せをつかんでいくみね子の姿が描かれました。

ひよっこ 有村架純 有村さんは最終回放送直前にメッセージ(画像は有村架純公式Instagramから)

 最終回では、みね子と父が約束した「いつか家族みんなですずふり亭に食べに行く」という言葉通り、再会した父も含め家族全員ですずふり亭に。そこで、みね子の恋人の前田秀俊が、みね子の父に結婚を認められるハッピーエンドとなりました。また、これまで冒頭に流されていたキャストクレジットが最後に流れ、作中の展開に合わせ有村さんの役名の表記が変わっていました。

ひよっこ 峯田和伸 宗男を演じた峯田さん。主人公を囲む人物たちも魅力的でした(画像は峯田和伸公式Instagramから)

ひよっこ Yahoo!リアルタイム検索 最終回の宗男のせりふもファンに刺さったようでランクイン(画像はYahoo!リアルタイム検索から)

 放送終了後ネット上には、みね子の叔父である小祝宗男のせりふ「悲しい出来事に幸せな出会いが勝ったんだよ」をはじめ、登場人物たちの前向きな言葉をあらためてかみしめる声や、悲しみを乗り越えて幸せをつかんだみね子の姿に「何かを成し遂げなくても、そんな普通の喜びの一つ一つの総体が、幸福」など、良作を堪能した声が数多く上がっています。


 なお、ヒロインのみね子を演じた有村さんは同日朝、Instagramで視聴者にメッセージを投稿、ドラマ公式Instagramではオフショットが公開されています。



幻夜軌跡

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう