コラム
» 2017年10月01日 09時00分 UPDATE

ニチアサ改編でプリキュア人口が増える? 「さあ、プリキュアを始めよう」 (1/2)

「プリキュアの数字ブログ」の管理人・kasumiが、毎週プリキュアの魅力をお届けします。

[kasumi,ねとらぼ]
キラキラ☆プリキュアアラモード

 2017年10月1日。ニチアサが改編を迎えました。

 何のことか分からない人に説明すると、テレビ朝日系列で日曜の朝に放送されていた「子ども向け番組(メ〜テレ枠アニメ、戦隊シリーズ、仮面ライダー)」の時間帯が、「ニュース情報番組(サンデーLIVE!!)」になり、「戦隊」「ライダー」は「サンデーLIVE!!」の放送後へと変更になりました。

 その他、7時からのメ〜テレアニメ枠がなくなったり、「題名のない音楽会」が土曜日10時へと時間変更になったりと、日曜日のテレビ朝日の大改編が行われたのです。具体的には、以下の通り。

ニチアサ改編がよく分かる図 ニチアサ改編がよく分かる図

  • 7時からのメーテレ枠アニメは終了
  • 7時30分からの「戦隊シリーズ」は9時30分〜へ移動
  • 8時からの「仮面ライダー」は9時〜へ移動
  • 8時30分からの「プリキュア」は枠移動なし
  • 9時からの「題名のない音楽会」は土曜日10時30分に移動

 日曜の朝を楽しみにしていたちびっ子だけでなく、「大きなお友達」にも衝撃を与えたこのニチアサ改編。

 9時〜10時に変更された「仮面ライダー」「戦隊シリーズ」が、裏のフジテレビ「ドラゴンボール超」「ワンピース」と放送時間がバッティングしていることも踏まえると、この先も大きな影響が出ることが推測されます(この4作品、全てがバンダイナムコの主要IPなのですよね)。

 子どもたちも大きなお友達も、日曜日の視聴習慣が大きく変わっていくことでしょう。


ニチアサ改編で「プリキュア」の視聴者が増えるかも

 申し遅れました。わたくし「プリキュアの数字ブログ」というプリキュアに関するブログを6年間ほどやっています、kasumiと申します。

 このたびご縁があり、プリキュアを世間に広めるため、ねとらぼさんでプリキュア記事を連載する機会を頂きました。毎週、(その週の放送回をレビューしつつ)プリキュアについて何か語っていきたいと思います。

 さて、プリキュアは今回のニチアサ改編で唯一枠移動がなく、ネットなどを見ても比較的ファンも平穏に過ごしている印象を受けます。しかし、時間変更を逃れたとはいえ、やっぱりこのニチアサ改編はプリキュアにも大きな影響を及ぼすものと思われます。

 今回の「ニチアサの大改編」、ずっとプリキュアの数字を追ってきたファンの1人として最初に感じたのは、「このニチアサ改編で、プリキュアの視聴者が増えるかも」ということです。

 実はこれまでにも、「仮面ライダー」を見ていたことがきっかけで「プリキュア」を見るようになった大きなお友達って結構いるのですよね(自分の知人だけでも5人以上は知っています)。仮面ライダーの後、たまたまなんとなくプリキュアを見始めたら面白かったため視聴を続け、その後すっかりはまってしまう。そんな大きなお友達が本当に多いのです。

キラキラ☆プリキュアアラモード 大きなお友達にも大好評を博した、第31話「涙はガマン!いちか笑顔の理由(わけ)!」

 実はプリキュアの視聴率と、仮面ライダーの世帯視聴率には相関関係(相関係数=0.86)があることが分かっています(筆者調べ)。仮面ライダーの視聴率が上がると、プリキュアの視聴率も上がるのですよね。

 例えば、2009年に放送された「仮面ライダーディケイド」「仮面ライダーW」が高視聴率を出すと、同時期に放送されていた「フレッシュプリキュア!」もぐんぐん視聴率を上げていきます。その年の仮面ライダーが前年比で約1.8ポイントも平均視聴率を上げると、プリキュアも同じように約0.9ポイント平均視聴率を上げました。翌年の仮面ライダーシリーズが平均視聴率を維持すると、プリキュアも同じように平均視聴率を維持します。さらに翌年2011年、震災の影響などもあり、仮面ライダーが約1.6ポイント年間平均視聴率を下げてしまいますが、同様にプリキュアも約1.3ポイント年間平均を下げました。(※視聴率データは関東地区・ビデオリサーチ調べ)

 そう。「プリキュアの視聴人数」は、「前番組の影響を受ける」のです(もちろん前番組の影響を受けるのはプリキュアだけではありません。ほぼ全ての番組がそうなのですけど)。

 つまりこの先「サンデーLIVE!!」の視聴率がぐんぐん上がっていけば、プリキュアに興味を持つ人も増えていく、ということではないですか。

キラキラ☆プリキュアアラモード

 そうでなくても、小学生から大人まで、「男子」がプリキュアを見る際の「伝統的な言い訳」として、「いやー仮面ライダー見ていたらさー、テレビ消し忘れてさー、そしたらプリキュアが始まってさー、仕方ないから見たんだよねー」というものがあります。

 それが今後は、「いやー、世界情勢知るためにさー、早起きしてヒガシの情報番組みてたらさーー、プリキュアが始まってさーー、何となく見たんだよねーー」という言い訳が成り立つではないですか!

 「仮面ライダー見てたら、たまたまプリキュアが始まった」も、なかなかに優れた“言い訳”でしたが、それが「サンデーLIVE!!で世の中の見識を深めていたら、たまたまプリキュアが始まった」になるわけです。言い訳としては完璧ではないですか。

 この先「サンデーLIVE!!」を言い訳にプリキュアを見だす男子がかなり増えるものと思われます。

 そうです。今回の「ニチアサ改編」で「新しくプリキュアを見始める人が増える」というのが僕の推測です。こんなチャンスはありません。

 この機会に、「プリキュア」をもっとたくさんの人に知ってもらいたいのです。

 さて、新規のプリキュア人口が増える事を予測して、今回は「プリキュアとはそもそも何か?」をおさらいしておきたいと思います。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.