ニュース
» 2017年10月02日 14時20分 UPDATE

ZOZOTOWN、送料を利用者自身が決める「送料自由」制度開始 0〜3000円の範囲で自由に設定可能

運営元の代表取締役は「運ぶ人と受け取る人との間に、気持ちの交換が生まれれば」とコメント。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」が、配送料を利用者が自分で決める制度「送料自由」を10月1日から試験的に導入しました。


公式発表 試験的実施のため、予告なく変更・終了する場合があるとのこと

 これまで同サイトの送料は、購入額が税込で4999円以上の買い物では無料、4998円以下では399円でした。現在は商品をカートに入れて購入画面へ進むと、送料はデフォルトで400円に設定されています。額面をクリックすると開くプルダウンメニューでは、100円から1500円まで100円刻みで変更可能。「その他」の枠に、0〜3000円の範囲で好きな金額を直接入力することもできます。


プルダウン 送料をクリックした場合、100〜1500円に変更可能

その他枠制限 「その他」枠へ金額を直接入力することも可能。試しに5000円と入力したら、「送料は0〜3000の半角数字で」と制限が示されました

 運営会社スタートトゥデイの代表取締役である前澤友作氏は、Twitterで「自由に価格を決めていただくことで、運ぶ人と受け取る人との間に、気持ちの交換が生まれれば素敵だなと思います」とコメント。近年の通販サイトで課題となっている、配送会社の負担問題解決の糸口となるか、今後が注目されます。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう