ニュース
» 2017年10月03日 15時35分 UPDATE

ディープラーニングで「うまい棒」と「都こんぶ」を仕分けるマシン 20万回の訓練でつかむ位置まで正確に学習

物流革命を感じる……。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 アジア最大級のIT・エレクトロニクスの展示会「CEATEC JAPAN 2017」で、黙々と「うまい棒」と「都こんぶ」を仕分けするマシンを発見しました。

ディープラーニングを使った「うまい棒」仕分けマシン すごい

 この物流革命を感じさせるマシンを開発したのは、AIによる対話システムを強みとするネクストリーマー。なぜ対話AIと一見無関係な、「うまい棒」と「都こんぶ」の仕分けマシンを……? 担当者に率直な疑問をぶつけてみたところ、実は近年、ディープラーニングの研究を本格的に行っており、1年ほど前からロボット関係の研究も進めていたことから、CEATEC用の展示として、2カ月程度で同マシンを作り上げたとのこと。

ディープラーニングを使った「うまい棒」仕分けマシン うまい棒と都こんぶを正確に仕分けていきます

 卓上では「陳列棚」に見立てたカゴを2つ設置。カゴの中身がなくなるとマシンは「在庫切れ」と認識し、背後の「倉庫」にあるうまい棒と都こんぶを補充してくれます。マシンに取り付けられたカメラで形状を認識。ディープラーニングにより、どの部位をつかめば落とさずに運べるかまで学習済みなので、しっかりとカゴまで運んでくれます。データ上で行ったという訓練回数は実に20万回。

ディープラーニングを使った「うまい棒」仕分けマシン ディープラーニングによりつかむべき位置(画像緑色の部分)を判断
ディープラーニングを使った「うまい棒」仕分けマシン マシンとプログラムは既製品やオープンソースのものを使って組み上げたとのこと

 ただし会場内では多数の電波が飛び交っており通信状況が悪く、たまに誤作動を起こす場面もみられました。担当者は「弊社のメイン展示は対話AI関連ですが、もし反響があればディープラーニングを活用した物流関係の研究ももっと進めていきたい」と語っていました。

ディープラーニングを使った「うまい棒」仕分けマシン 電波状況が悪く、たまにうまく掴み上げられないことも

関連キーワード

ディープラーニング | うまい棒


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう