ニュース
» 2017年10月03日 17時05分 UPDATE

4本脚をガシャガシャさせて戦うARロボ ひっくり返っても自力で戻る敏しょう性がすごい

かっこかわいい。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 4本の脚をガシャガシャ可動させて戦うおもちゃロボ「メカモン」がCEATEC JAPAN 2017のバンダイナムコグループブースで展示中です。

4本脚をガシャガシャさせて戦うARロボ ひっくり返っても自力で戻る敏しょう性がすごい ガシャガシャ走るよ

 コントロールにはスマホやタブレットを使用。単純な操作から、事前にプログラムした行動を指示できるなど、「攻殻機動隊」のタチコマも顔負けな軽やかな動きを見せてくれます。

4本脚をガシャガシャさせて戦うARロボ ひっくり返っても自力で戻る敏しょう性がすごい ちょっとした段差ならへっちゃら
4本脚をガシャガシャさせて戦うARロボ ひっくり返っても自力で戻る敏しょう性がすごい ひっくり返っても大丈夫

 脚にはそれぞれ3つのモーターが組み込まれており、合計12個のモーターでスムーズな動作を実現。前後左右への移動はもちろん階段状の段差もぐいぐい上っていました。さらに、ひっくり返っても自力で起き上がることが可能。


 対戦モードでは最大4台までの「メカモン」を相互認識し、ARを駆使した対戦が可能。マシン本体や画面を見ながらシューティングゲーム感覚で、ARのミサイルや銃弾で戦います。本体4カ所に設置されたセンサーが攻撃やダメージを判定。なかなか白熱しそうです。


 イギリスのリーチロボティクスが開発し、バンダイがローカライズを担当。日本版では脚や本体の外部パーツを装着することで、好みのオリジナルデザインで遊べるようカスタマイズ性を強化する予定。会場では通常型のほか、「軍用メカ型」も参考展示されていました。なお発売時期や価格についてはまだ発表されていません。

4本脚をガシャガシャさせて戦うARロボ ひっくり返っても自力で戻る敏しょう性がすごい 「軍用メカ型」も展示されていた

関連キーワード

バンダイ | ラジコン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう