ニュース
» 2017年10月04日 08時00分 UPDATE

宅配便ロッカー「PUDOステーション」、世田谷区が公共施設に設置 区役所や駐車場で荷物を受け取れる

公共施設への設置は東京都23区初。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 宅配便を受け取れるロッカー「PUDO(プドー)ステーション」の採用を、世田谷区が発表しました。公共施設への設置は、東京23区で初の試み。


イメージ ロッカーのイメージ

 ヤマト運輸とネオポストシッピングが共同設立した、パックシティジャパンが提供するクロネコメンバーズ会員向けのサービス。受け取り方法を変更し利用可能なロッカーを指定することで、希望した場所で荷物を受け取れます。

 世田谷区では区役所本庁舎と上北沢地区会館に設置済みで、10月下旬には烏山中央自転車等駐車場にも設ける予定。これにより周辺住民の利便性を向上するとともに、再配達の減少に伴うCO2の削減に取り組むとしています。


区役所 世田谷区役所本庁舎第一庁舎の宅配便ロッカー


(沓澤真二)


関連キーワード

東京 | 宅配 | 公共 | ヤマト運輸


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう