ニュース
» 2017年10月03日 19時31分 UPDATE

阪大・京大の熊本地震観測データに問題 研究者は関連論文を取り下げる意向

林文科相は大阪大学に対しガイドラインに沿った適切な対応を求め、調査結果を受けて対応を決めるとしています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 大阪大学や京都大学が、熊本地震の本震を観測したとする特に強い揺れのデータに、問題があったことが分かりました。当該データは既に公開を停止。研究チームの京大准教授・後藤浩之氏が防災研究所のサイトで謝罪のうえ、経緯を説明しています。


説明文

当該データ 当該データは現在公開を見合わせている

 当該データは2016年7月以来、熊本県益城町にて観測されたものとして公開されてきました。しかし関連する論文に対し、異を唱える資料提供が2017年9月25日に匿名で寄せられました。指摘を受けてデータをあらためて精査したところ、重要な問題が確認されたとのこと。当該データに対しては、2016年末にも「他の記録と比較して不自然な点がある」と別種の指摘があったといいます。

 後藤氏は「広く問題のあるデータが流布される事態となり、その一端を担ったことは疑いのない事実」と謝罪。当該データに関連する論文の取り下げ手続きを順次進めると述べています。

 本件は10月3日に開かれた、林文部科学大臣の記者会見でもとりあげられました。文科相は「大阪大学に対し、関係機関と連携のうえガイドラインに沿った適正な対応を求める」と回答。文部科学省としては調査結果を受けて対応を決めるとしています。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう