コラム
» 2017年10月06日 11時00分 UPDATE

「2ちゃんねるに書き込んだことがある人」は何割? 「5ちゃん」になって影響力は変わるのか

今も昔もネット文化の発信地。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 管理運営権の譲渡に伴い、「5ちゃんねる」に改名されたことで話題を集めた「2ちゃんねる」(関連記事)。以前から「SNSなどの登場により、利用者数が減っている」というような指摘が現れていますが、実際のところ、どうなのでしょうか。アンケート調査をしてみました。


「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の利用実態アンケート 「5ちゃんねる」に改名された現在のトップ画面

 調査に使用したのはねとらぼのTwitterアカウントで、2日間で4741票が集まりました。結果は、「書き込みをしたことがある」が31%、「見たことはある(ROM)」が40%と全体の約7割を占めました。さらに「まとめサイトなら見たことがある」(23%)を含めると、94%に到達。Twitterユーザーを対象としたアンケートのため、回答に偏りがある可能性も考えられますが、ほとんどの人が何かしらの形で、2ちゃんねるに接しているということが分かります。

 2ちゃんねるは、長年にわたってネット文化に影響を与えてきたWebサイト。「八頭身モナー」「ギコ猫」などのアスキーアートを使用したFLASH動画が大流行したのは10年以上前のことですが、最近でも、実況版「なんJ」(なんでも実況ジュピター)で使われていた語尾「〜ンゴ」が、「女子大生の間ではやっている言葉」として紹介された事例が(関連記事)。このようなエピソードからも、2ちゃんねるの存在感の大きさが伺えるのでは?


「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の利用実態アンケート 「フラッシュ モナー」Google検索画面。2、30代の方には懐かしいのでは?

 アンケートに寄せられた意見で印象的だったのは、2ちゃんねるに対する考え方の違い。「どっぷり浸かってました」「マイナーな趣味を持つ私には必要なもの」というコアな2ちゃんねるユーザーもいれば、「見たことしかない」「以前は書き込みしていたけど、今はまとめサイトを読んだり、検索で出てきたスレを読んだりするだけ」という人もおり、温度感に大きな開きが見られました。

 「どんな形であれ、2ちゃんねるの文化には触れる。しかし、同サイトとどのように関わっていくかは人それぞれ」というのが、日本のネットユーザーの一般的な姿なのかもしれません。


「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の利用実態アンケート アンケート結果

マッハ・キショ松

関連キーワード

2ちゃんねる | アンケート | 文化 | モナー | 調査


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう