ニュース
» 2017年10月06日 14時00分 UPDATE

TBS、レディビアードさんを「アニメの世界観を一切無視したとんでもないアニソン歌手」と紹介して炎上 所属事務所は今後の対応を弁護士に委任

事務所とTBSを取材しました。

[Kikka,ねとらぼ]

 10月3日放送のTBS系列「ぶっこみジャパニーズ9」で、ヒゲ女装パフォーマーのレディビアードさんが「アニメの世界観を一切無視したとんでもないアニソン歌手」と紹介され、本人が「すごく悲しい」とツイートするなど波紋を呼んでいます。

 「ぶっこみジャパニーズ」は、海外で伝わる間違った日本文化を、その道のプロに正してもらうというバラエティーで、不定期ながら今回が9回目の放送となる人気番組です。物議をかもしているのはアニメソング(アニソン)に関するコーナー。海外でのアニソンブームに触れながら、「アニメの世界観を一切無視したとんでもないアニソン歌手も存在」というナレーションとともにレディビアードさんのパフォーマンスを紹介していました。


TBS ぶっこみジャパニーズ レディビアード ねとらぼでも度々紹介しているヒゲ女装パフォーマー・レディビアードさん(コミックマーケット90:やせいのレディビアードがあらわれた! 「まどマギ」レイヤーとビアちゃんの仲良しショットを撮れたよ〜の記事より)

 レディビアードさんはオーストラリア出身のヒゲ女装パフォーマー(関連記事)。「カワイイ」と「メタルコア」を融合させた「カワイイコア」というスタイルで人気を博しており、日本のファンからは親しみをもって「ビアちゃん」という愛称で呼ばれています。



 今回の取り上げられ方についてファンからは、「なんやこれ ビアちゃんに文句あんのか」「ビアちゃんディスとかゆるさんぞ」「ビアちゃんの侮辱はゆるせない」「ビアちゃん可哀想すぎる」「ビアちゃん好きだからかなしい」など非難が殺到。

 この声は本人にも届き、レディビアードさんは「すごく悲しい」とTwitterでコメントしました。さらに所属事務所の代表取締役社長・立花奈央子さんからは、「番組制作担当者から提出された企画概要を確認して映像の使用許可を出しましたが、まったく違う文脈で編集・オンエアされていたので、現在経緯を調べています」との報告があり、番組の姿勢に疑問の声があがっています。

レディビアードさんのツイート

所属事務所代表・立花さんのツイート

「再発防止を目的とした速やかな妥結のために、弁護士に委任しております」

 本件について、ねとらぼ編集部はレディビアードさんの所属事務所・オパルスに現在の状況や、事務所としての今後の対応について聞きました。

――番組について波紋が広がっています。

立花代表この度は弊社がレディビアードの映像使用許可を出した件について、みなさまにご心配をおかけして申し訳ありません。

――番組側には事務所側の意向が伝わっているのでしょうか。

立花代表制作会社担当者の方には、誠意のある対応をしていただいております。弊社に映像使用の依頼をされた制作担当のディレクターさんが全面的に悪いわけではなく、日々忙殺されるテレビ制作の現場において、それぞれの思惑のもとに動く部署の意識の少しの差異が集積されて生まれたのが今回の一件だと解釈しています。

――レディビアードさんは、ショックを受けられている様子でした。

立花代表ファンの皆さまからは、SNSでたくさんのあたたかい言葉をいただき、感謝しています。レディビアード本人に代わって憤ってくださったその気持ちが、本人を何よりも慰めています。

――最後に今後の対応について教えてください。

立花代表本件に関しては、再発防止を目的とした速やかな妥結のために、弁護士に委任しております。この10月で日本滞在5年目を迎えたレディビアードは従前より「ホンモノ」のアニソン歌手になりたいと願い続けています。霊長類最強アイドル「DEADLIFT LOLITA」としても精力的に活動しておりますので、業界関係者さまからのテーマソングのご依頼などいつでもお待ちしております。



TBS ぶっこみジャパニーズ レディビアード TBS系列「ぶっこみジャパニーズ9」(番組公式サイトより・画像加工は編集部によるもの)

 ねとらぼ編集部ではTBSにも問い合わせましたが、「特に回答はない」とのことでした。

(Kikka)

関連キーワード

TBS(東京放送) | アニソン | 弁護士 | 取材


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう