コラム
» 2017年10月08日 12時00分 UPDATE

野球だけ「監督がユニフォームを着ている」のはなぜか?

スーツじゃダメなの?

[QuizKnock,ねとらぼ]

 いきなりですが、なぜ野球の監督はユニフォームを着ているのでしょうか。

 野球というスポーツだけを見ていたら自然に思えますが、サッカーやバスケの監督を思い浮かべてもらえればその違いは明らかです。ほかのスポーツでも、ジャージは着ていてもユニフォームを着ているものはほとんど思い当たりません(野球とよく似たソフトボールくらい?)。

 では、なぜ野球の監督だけがユニフォームを着ているのでしょうか。何か決まり事でもあるのでしょうか。

野球の特殊性

 結論から書くと、野球のルールブック『公認野球規則』には、監督のユニフォームについての規定はありません。つまり、本来はどんな格好でもいいんですね。実際に、メジャーリーグではコニー・マックという、スーツ姿で50年以上指揮をとった監督も存在します。

 では、なぜ今ほとんど全ての監督がユニフォームを着ているのでしょうか。

 1つには、監督自らがグラウンドに入る、ということが挙げられます。選手交代のタイミングや、投手を鼓舞しに行くタイミングで、監督はプレイが行われる領域に入っていきます。

 このことは、ほかのスポーツを考えるとかなり特殊です。サッカーではテクニカルエリアより先に出ることはできません。ラグビーではそもそも監督は選手とコミュニケーションが取れないゾーンにいなければなりません。オリンピックで行われる個人競技でも、監督がプレイ領域に入り込む競技はとても少ないのです。

 加えて、以前の野球では「選手兼任監督」(プレイングマネージャー)が多かったということも理由とされています。古くは、阪神の藤村富美男氏による「代打、ワシ」からの逆転満塁サヨナラホームランが、近年ではヤクルトの古田敦也氏による「代打、オレ」が有名ですね。

 このような例では、監督でありながら選手でもある以上、ユニフォームを着る必要があるのは当たり前というわけです。

まとめ

 ということで、こうした野球の特殊性が、「監督がユニフォームを着る」という慣習へとつながっていたのです。

 そもそも、ほかのスポーツでは「監督は、選手と区別のつく服装をすること」とされているものも多いようです。同じ服を着てチームの一体感を強調する野球とは、正反対の決まり事といえるでしょう。

制作協力

QuizKnock


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう