ニュース
» 2017年10月11日 14時59分 UPDATE

AbemaTV初のオリジナル連ドラ「#声だけ天使」2018年1月放送! “声優志望”の若者たちを描く青春群像劇

総制作費は3億円以上。キャストは全てオーディションで選んだとのこと。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 AbemaTVが初のオリジナル連続ドラマを配信すると発表しました。タイトルは「AbemaTVオリジナルドラマ進出記念作品#声だけ天使」。2018年1月クールに全10話で配信。


「AbemaTVオリジナルドラマ進出記念作品#声だけ天使」2018年1月放送開始! AbemaTV初のオリジナルドラマ「#声だけ天使」 2018年1月放送開始!

 「#声だけ天使」は、声優に憧れる主人公のケンゾウと4人の仲間、ケンゾウの声を聴いて恋をするさくらの5人を描く青春群像劇。原作と脚本は、「劇団扉座」座長で「スーパー歌舞伎IIワンピース」でも知られる横内謙介さん。監督はNetflixオリジナルドラマ「アンダーウェア」を手掛けた尾形竜太さんが務めます。ドラマの総制作費用は3億円以上。キャストはおよそ1000人がエントリーしたオーディションから選ばれました。


「#声だけ天使」全キャストは約1000人のオーディションから選出 「声優志望」の5人と、そこに関わった1人の女性の夢や葛藤を描いた青春群像劇

 原作&脚本の横内さんは、同作のオファーにあたりサイバーエージェントの藤田晋代表取締役社長から「連続ドラマを作りたいのだが、今のテレビのやり方とはまったく違う方法でアプローチしたい」「ヒットしたマンガや小説のドラマ化ではなく、完全なオリジナル作品で、まず脚本作りを先行させ、その脚本にふさわしいスタッフ、キャストを探すつもりだ」との依頼を受けたことを告白。自身が運営する俳優養成所での経験から「この10年で増えて来たのが、声優志望で専門学校を卒業したけど、声優になるのは難しそうだから、舞台俳優に方向転換をしたという若者たち」と、身近な俳優事情も明かしており、「声優というモチーフがそこで生かせるという直感と、オリジナルで勝負出来るこの機会に、声や言葉と深く関わって来た劇作家として、特別な思いを込めたい」と意気込みを見せました。

 監督の尾形さんは、藤田社長からオファーを受けたことについて「今までの感じと違うなぁ、あれ!? そんな考え方をしていいんだ! いつかこんなドラマをやりたいと思ってたじゃないか!! と、どんどん藤田さんがAbemaTVドラマでやりたいことが、パンクで面白いなと共感しました」と語っており、「2度とやれないこと」として全キャストをオーディションで選ぶという手法をとったことを明かしています。


「#声だけ天使」は、声優を目指す若者たちの青春群像劇 劇団座長の横内さんが、現代の声優志望の若者をリサーチして描いた物語

 エグゼクティブプロデューサーを務める藤田社長は、「最高の脚本とオーディションで選びぬいた妥協のないキャスティング、“純愛”“青春”という普遍的なテーマで、若者をはじめ幅広い世代の視聴者を魅了する作品として、みなさまに楽しんでいただけることを期待しています」とコメントしています。

 主人公のケンゾウを演じる亀田さんは、今作がドラマ初主演となる若手俳優。ヒロインのさくら役は、モデルで女優の仁村紗和さんが演じます。その他、筋金入りのオタクで引きこもりシンジ役を佐久本宝さん、ボーイッシュなサディスティック少女の茜役を松本妃代さん、ロリ声のおばさんのしのぶ役を山口景子さん、元エリートエンジニアで離婚調停間近の寺本役を久ヶ沢徹さんが演じることが発表されています。

(C) CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう