ニュース
» 2017年10月14日 11時30分 UPDATE

「宇宙ヤバイコピペ」って科学的に正しいの? 国立天文台に聞いてみたら、やっぱり宇宙はヤバかった

ヤバイとしか言いようがない宇宙のヤバさ。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 2ちゃんねるで誕生したとされる有名な文章「宇宙ヤバイコピペ」をご存じですか? 「ヤバイ。宇宙ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ」とハイテンションなノリで、宇宙がいかに人類の想像を絶する世界であるかを紹介したもの。内容が秀逸なことから、いくつもの改変コピペが作られたことでも知られています。

 しかし、「宇宙ヤバイコピペ」の内容はどこまで正しいのでしょうか。宇宙研究は日々進んでおり、もう古くなってしまった部分もあるかもしれません。国立天文台に話を伺い、検証してみました。

宇宙ヤバイコピペ

ヤバイ。宇宙ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。

宇宙ヤバイ。

まず広い。もう広いなんてもんじゃない。超広い。

広いとかっても

「東京ドーム20個ぶんくらい?」

とか、もう、そういうレベルじゃない。

何しろ無限。スゲェ!なんか単位とか無いの。何坪とか何ヘクタールとかを超越してる。無限だし超広い。

しかも膨張してるらしい。ヤバイよ、膨張だよ。

だって普通は地球とか膨張しないじゃん。だって自分の部屋の廊下がだんだん伸びてったら困るじゃん。トイレとか超遠いとか困るっしょ。

通学路が伸びて、一年のときは徒歩10分だったのに、三年のときは自転車で二時間とか泣くっしょ。

だから地球とか膨張しない。話のわかるヤツだ。

けど宇宙はヤバイ。そんなの気にしない。膨張しまくり。最も遠くから到達する光とか観測してもよくわかんないくらい遠い。ヤバすぎ。

無限っていたけど、もしかしたら有限かもしんない。でも有限って事にすると

「じゃあ、宇宙の端の外側ってナニよ?」

って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。

あと超寒い。約1ケルビン。摂氏で言うと−272℃。ヤバイ。寒すぎ。バナナで釘打つ暇もなく死ぬ。怖い。

それに超何も無い。超ガラガラ。それに超のんびり。億年とか平気で出てくる。億年て。小学生でも言わねぇよ、最近。

なんつっても宇宙は馬力が凄い。無限とか平気だし。

うちらなんて無限とかたかだか積分計算で出てきただけで上手く扱えないから有限にしたり、fと置いてみたり、演算子使ったりするのに、

宇宙は全然平気。無限を無限のまま扱ってる。凄い。ヤバイ。

とにかく貴様ら、宇宙のヤバさをもっと知るべきだと思います。

そんなヤバイ宇宙に出て行ったハッブルとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。

要約すると「宇宙ってヤバイよね」という内容

「宇宙ヤバイコピペ」を検証してみた このコピペは、本当に宇宙のヤバさを伝えたものなのでしょうか……?

宇宙ヤバイ。まず広い。もう広いなんてもんじゃない。超広い。 → 正解

 「宇宙ヤバイコピペ」で最初に取り上げられるのは、宇宙の広さ。国立天文台によれば、地球から見て、宇宙空間の最も遠いところは「下限で780億光年先にある」という説が存在するとのことで、たしかに信じられないほどの広大さです。

 この説に従うと、1光年はおよそ9.5兆キロメートルなので、最低でも地球から741000000000000000000000キロメートルは離れていることに。チャリで行く場合は、時速15キロメートルで49400000000000000000000時間走り続ける必要があります。年数に置き換えると約564京年。

広いとかっても「東京ドーム20個ぶんくらい?」とか、もう、そういうレベルじゃない → 正解

 地球上にある巨大な物体の大きさを分かりやすく示す際によく使われる「東京ドーム○個分」という表現。1個分の容積が約124万立方メートルなので、宇宙の体積が分かれば割り算で算出できるのですが、「そもそも宇宙に関する説明では『立方○○』」という単位は、ほとんど使われない」そうです。

 ただし、ちょっと違和感はありますが、「立方光年(一辺が1光年の立方体)」という単位もあるにはあります。およそ847000000000000000000000000000000000000000000000平方メートルに相当し、東京ドームに換算すると約683064516129032000000000000000000000000000個分の体積。大量に並ぶ「0」のおかげで、宇宙と東京ドームを比べる意味が無いことがはっきりと分かります。

しかも膨張してるらしい。ヤバイよ、膨張だよ → 正解

 ビッグバン以降、宇宙は膨張を続けていると考えられています。そのため、138億光年先の場所で発せられた光が地球上で観測されたときには、その場所は470億光年先まで離れていると推測されています(光が地球に届くまでの138億年のあいだに、宇宙空間が広がり遠くなってしまう)。

だって普通は地球とか膨張しないじゃん。だって自分の部屋の廊下がだんだん伸びてったら困るじゃん → 不明

 実は、宇宙空間と一緒に人間などが膨張しているという説も存在しており、われわれの身近なところで膨張が起こっていないとは言いきれません。ただし、「もしその説が本当だとしても、われわれには観測できないかもしれない」とのこと。

(宇宙が有限だとすると)「じゃあ、宇宙の端の外側ってナニよ?」って事になるし、それは誰もわからない → 正解

 宇宙の外側に関する考察は天文学の領域を超えており、答えられないとのこと。

あと超寒い。約1ケルビン。摂氏で言うと−272℃。ヤバイ。寒すぎ → 正解

 「ケルビン」は絶対零度(マイナス273.15℃)を0とする温度の単位。ピンポイントで見ると太陽のように熱い天体もありますが、宇宙は全体で見るとほぼ絶対零度で、1ケルビン程度となります。

超何も無い。超ガラガラ → 正解

 これも本当。「われわれには大きな太陽も、宇宙規模で考えると小さな点のようなもの」だそうです。

ヤバイ。宇宙ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ → 正解ということでいいのでは?

 国立天文台に質問をぶつけてみたところ、7項目中6つが正解、1つだけ不明という結果になりました。ただ不明の項目も検証が非常に難しそうな説が邪魔で、正解と断言できないだけ。ヤバイヤバイと連呼する「宇宙ヤバイコピペ」は、お世辞にも頭の良さそうな文章ではありませんが、実際には分かりやすく宇宙の真実を教えてくれるものだったことが明らかになりました

 宇宙の小さな点である太陽よりも小さな地球の表面に暮らす、さらに小さな生物である人類……の中でもこぢんまりと暮らすわれわれ一般人にとって、宇宙は今なお不思議すぎる世界。「ヤバイ」としか言いようのない漠然とした驚きを覚えてしまうのも仕方がないのでは?


「宇宙ヤバイコピペ」を検証してみた 宇宙人などの怪しい話には手を付けず、科学的に誤りのない話だけで読む者を引き込んでしまう「宇宙ヤバイコピペ」。「作者はどれくらい宇宙が好きだったんだろう」などと考えながら読んでも、きっと味わい深いはず(ニコニコ大百科より)


「宇宙ヤバイコピペ」を検証してみた そんなヤバイ宇宙に出ていったハッブル望遠鏡

マッハ・キショ松

関連キーワード

宇宙 | 天文 | 地球 | 2ちゃんねる | 調査


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう