ニュース
» 2017年10月12日 21時00分 UPDATE

本物のヒーローここにあり! 勝利を捨てて犬の命を救ったレーサー

また同じことが起きれば、同じ行動をするだろうと語っています。

[かのん,ねとらぼ]

 ポルトガルの高原を巡る2日間のカーレース「Constalica Rallye Vouzela」に出場しているカルロス・マトス選手。彼は優勝経験者であり、今年もレースでライバルと競りあっていました。

 しかし彼はレースの途中、コーナーを曲がったところでいきなりターンして急停車します。

犬 突如停車
犬 車の前に犬が!

 なぜなら目の前の道路に犬がいたからです。止まれば優勝から遠ざかると分かっていてもなお、彼は犬をひかないように車を止めました。犬は無事に走って逃げ、マトス選手もターンしてコースに戻りましたが、優勝を逃すことに。

犬 犬は無事に走り去りました

 この彼の素晴らしい行動には見物客も感嘆し、走り去る車に向かって拍手を送っていました。

 レースの公式サイトによると、マトス選手も犬を飼っており、動物を大事にしているとのこと。そしてまた同じことが起きれば、同じ行動をするだろうと述べているそうです。

 Constalica Rallye Vouzelaの公式Facebookでこの場面を捉えた動画が紹介され、マトス選手の行動は称賛の的に。レースの勝利は失いましたが、「偉大な勝者」とたたえるコメントが寄せられています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう