ニュース
» 2017年10月12日 14時02分 UPDATE

鳥肌モノのお宝、第一弾は瞬殺!! JR東海が鉄道放出品販売サイト「JR東海鉄道倶楽部」を開設(画像10枚)

ホンモノの魅力。

[ねとらぼ]

 東海旅客鉄道(以下、JR東海)が、鉄道用品販売サイト「JR東海鉄道倶楽部」を10月12日に開設しました。

 JR東海は、東京〜名古屋〜大阪間を結ぶ日本の交通の大動脈である東海道新幹線と中部地区の在来線12線区を運営しています。JR東海鉄道倶楽部では、引退した東海道新幹線700系やJR東海の車両から取り外したシートや座席テーブル、行先表示器字幕といった部品をはじめ、JR東海の運転士や車掌が搭乗時に実際に使った乗務員用品などが販売されます。

 「全てホンモノ」であることが何よりの魅力。ちなみに商品は、新幹線の車両全般検査を行う主力工場である浜松工場から出荷されるそうです。

photo 700系運転台の椅子は8万円(税込、以下同)
photo 新幹線乗務員用懐中時計と運転台置き台のセットは2万3000円
photo 700系に搭載されていたハンドメガホン(編成番号の書き込みあり)は5000円
photo 700系グリーン車の座席は8万円
photo 700系普通車の3列座席は7万円
photo 700系普通車の座席背面テーブルは5000円
photo 700系の行先表示器字幕は4万5000円
photo 700系の日本車両車外銘板は1万2000円
photo 700系の東海旅客鉄道車外銘板も1万2000円
photo 700系のHITACHI車内銘板は1万円

 販売開始は10月12日の昼12時から。第一弾はほとんど瞬殺でした……。

photo 第一弾は瞬殺……

 ただし商品は不定期に入荷されるそうです。新着情報は同サイトで定期的にチェックするようにしましょう。

photo 「鉄道を愛する者として、鉄道の安全安定輸送を妨げてはならない」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう