ニュース
» 2017年10月12日 14時38分 UPDATE

カシオのエクストリームスポーツ向けタフカメラ「GZE-1」がヒーローチックでかっこいい

50メートル防水・IP6X準拠の防塵・4メートルの落下耐衝撃・-10度の耐低温を実現。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 カシオ計算機が新たなタフカメラのブランド「G'z EYE(ジーズアイ)」を立ち上げ、エクストリームスポーツ向けカメラ「GZE-1」を10月27日に発売します(市場想定価格5万円前後)。ゴツゴツとした球形がヒーローのガジェットみたいでかっこいい。


本体 レンズやボタンを守るバンパーは、ボタンガイドとしても役立つ

 50メートル防水・IP6X準拠の防塵・4メートルの落下耐衝撃・-10度の耐低温といったタフネス性能を兼ね備えたカメラ。超広角レンズの採用により、静止画では190.8度、動画では170度の画角で撮影できます。


構造 同社がG-SHOCKなどでつちかった技術が凝縮

 撮影機能としては、スケボーのジャンプやトリックといった劇的な瞬間を印象的に演出できる「ドラマチックスロー」を搭載。動画撮影中にボタンを押すと、そのシーンを再生するときに、秒間120または240コマのスローモーションに切り替えられます。

 専用スマートフォンアプリのほか、本体に比肩するタフネス性能を備えた専用リモコン(6000円)や液晶コントローラー(2万円)によるリモート撮影が可能。さらに同社のアウトドア向けスマートウォッチ「WSD-F20」(5万1000円)と連携しての操作も可能と、スポーツ中でも容易に操作できます。


専用アプリ 本体とスマートフォンを無線LAN経由で接続する専用アプリ。スポーツに集中できるよう、シャッターのみのシンプル操作も可能

リモコン液晶コントローラー 別売りのリモコンと液晶コントローラーは防水や耐衝撃といった性能を備えているので、スマートフォンより安心して使用できます

スマートウォッチ スマートウォッチでもモニターの確認やシャッター操作などが可能

 カメラを胸に装着できるハーネス(7000円)や置き撮り用のカラビナ(5000円)といったアクセサリーも同日発売。2018年3月には、ブレを抑えるジンバル(5万円)も発売されます。


ハーネス ハーネスを使った着用例。強そう

カラビナジンバル カラビナとジンバル(掲載順)を装着したイメージ。安定した撮影をサポート

※価格は全て税別

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう