ニュース
» 2017年10月13日 19時14分 UPDATE

週末珍ゲー紀行:ディストピアにも程がある QTEに支配されたアメリカで、QTEに順応できず狂人化した人から逃げるメタ実写ゲーム「Press X to Not Die」

ゲーマーの脳内では日常にQTEが表示されている。

[Ritsuko Kawai,ねとらぼ]

 世の中にあふれる“変なゲーム(珍ゲー)”を紹介する「週末珍ゲー紀行」。第8回は実写フルモーションビデオを使ったB級映画テイストのコメディーアクションゲームPress X to Not Dieを紹介します。

 そこそこテレビゲームになじみがある人なら、画面に表示されたボタンを素早く押す「QTE」(※)はご存じですよね。本作は、政府の陰謀により現実がQTEに支配されたアメリカで、QTEに順応できずに狂人と化してしまった非ゲーマーたちの脅威から、タイトル通りXボタンで生き延びるというメタな内容。ちなみにX以外も使います。

※Quick Timer Eventの略。カットシーンやムービーに合わせてタイミングよくボタンを押させるアレ

Press X to Not Die


 ゲームは全編実写。QTE以外に特に操作することもないので、ゲームというよりむしろ一人称視点の映画です。出演者たちのB級臭あふれる演技と、メタ表現がふんだんにちりばめられたユーモラスな台詞が楽しめます。テレビ東京の「午後のロードショー」を撮り溜めているようなB級映画フェチなら特に気に入るでしょう。

 ゲームボリュームは、初見でもアニメ1話分程度。ダイアログの選択肢やQTEの成否によって、ストーリー展開や結末が多様に枝分かれします。また、ダイアログの中には一見無限ループに思えて、実は複数回選択すると実績が解除されるシークレットシーンもあります。


Press X to Not Die 意味不明のメタ台詞を残して冒頭で死ぬ友人

 中でも死亡シーンのバリエーションが豊富な点がB級テイストの魅力。ガールフレンドのシャワーをのぞいて日本刀で刺殺されたり、マッドサイエンティストに襲われてホッチキスで金玉を留められたり、常によく分からないハプニングの連続です。そんな発想力に富んだ死亡シーンは、クリア後のギャラリーでコレクションできます。しかも“金玉がダメになる”死亡シーンだけを集めた専用の「Nutshot Gallery」まで完備。奇想天外な死亡パターンを網羅するために、取りあえず事あるごとに死んでみるのも一興かもしれません。


Press X to Not Die のぞくなと言われたらのぞきたくなりますよね

Press X to Not Die すると彼女にサムライソードで刺されます

 反射神経やQTEに自信がない人も大丈夫。4種類の難易度が用意されているので、ストーリーだけ楽しみたいという人はイージーモードでプレイすれば、誰でも簡単に最後までクリアできるでしょう。最高難度は「Ridiculous」(馬鹿げてるという意味)。ボタンの神だと自負する猛者専用のゲームモードです。特殊な訓練を受けている人以外は手を出さないことをおすすめします。操作はXBox 360コントローラーがデフォルトですが、オプションで変更すればキーボードとマウスでもプレイできます。

 クリア後には、死亡回数やプレイ時間といった統計を含めたプレイデータが表示されます。ゲームスコアのほかに、特定の登場人物を助けたかどうかや、もっとも脅威となった敵、サバイバルに選んだ武器のチョイスなど、クリアまでにたどったルートが確認できます。中には、ガールフレンドのルームメイトに殺された回数(もちろん死亡回数に含まれる)や、ガールフレンドのシャワーシーンを覗いた回数(もちろん死亡回数に含まれる)といった謎のカウンターまで。スコアはSteamのランキングにも反映されるので、世界中にいるQTEの神々と腕前を比較できます。


Press X to Not Die ゾンビホラーの主役はやっぱコレでしょ

Press X to Not Die いいセンスだ……

 B級コメディー映画として楽しむもよし、ひたすら反射神経を磨いてQTEの神を目指すもよし。こんな映画みたいなゲームなのに定価はたったの298円(10月14日までは30パーセント割引の208円)なので、友人たちへのギフトにもぴったりです。ちなみにグロイのが苦手という人はそもそもこんな作品には手を出さないでしょうが、オプションで「1994年モード」をオンにするとゲーム画面が1994年チックに荒くなるので、気休め程度のモザイクにはなるかもしれません。


Ritsuko Kawai


関連キーワード

ゲーム | B級 | 映画 | Steam


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう